No.03 内容を自動認識に応じて合わせる

[オブジェクト]メニューの[オブジェクトサイズの調整]の機能に、新しく[内容を自動認識に応じて合わせる]というコマンドが追加されました(下図)。



もちろん、このコマンドは[コントロール]パネルにも表示されます(下図)。



[内容を自動認識に応じて合わせる]という機能は、Adobe Senseiのテクノロジーを利用したもので、どのような画像かを自動的に認識し、ユーザーが望む結果を予想して、画像のサイズや位置を合わせてくれる機能です。
例えば、以下の画像を配置したいとします(下図)。



この画像を、さまざまなサイズのグラフィックフレームに配置しました(下図)。



この3枚の画像に[内容を自動認識に応じて合わせる]コマンドを実行します。すると、下図のような結果になりました。



別の画像でもやってみましょう。





このように、画像のどこの部分を表示したいかを予測して配置してくれる機能が[オブジェクトサイズの調整]です。この結果が、良いか悪いかは好みや使用目的によっても意見が分かれると思いますが、当然ながら完璧な結果を望めるわけではありません。補助的な機能として使用するのが良いかもしれません。
なお、JPEG画像を配置した際には、縦と横が入れ替わってしまうケースもありました(下図)。





しかし、この画像をPSD形式で保存し直すと、縦と横が入れ替わることはありません。

(追記 2018.10.18)
なお、環境設定の[一般]にある[「内容を自動認識に応じて合わせる」をデフォルトのフレームサイズ調整オプションにする]をオンにしておくと、「内容を自動認識に応じて合わせる」を適用した状態で画像を配置することもできます(下図赤枠)。



検索する

YUJI の執筆書籍

InDesignパーフェクトブック CC 2018対応(2018/04/26/マイナビ出版)

InDesignパーフェクトブック CC 2018対応(2018/04/26/マイナビ出版)

  • InDesignパーフェクトブック CC 2018対応
  • マイナビ出版
  • 森 裕司
  • 2018/04/26

Amazon

Amazon

InDesignプロフェッショナルの教科書 正しい組版と効率的なページ作成の最新技術 CC 2018/CC 2017/CC 2015/CC 2014/CC/CS6対応版(2018/3/13/エムディエヌコーポレーション)

InDesignプロフェッショナルの教科書 正しい組版と効率的なページ作成の最新技術 CC 2018/CC 2017/CC 2015/CC 2014/CC/CS6対応版(2018/3/13/エムディエヌコーポレーション)

  • InDesignプロフェッショナルの教科書 正しい組版と効率的なページ作成の最新技術 CC 2018/CC 2017/CC 2015/CC 2014/CC/CS6対応版
  • エムディエヌコーポレーション
  • 森 裕司
  • 2018/3/13

Amazon

Amazon

超時短InDesign(2018/技術評論社)

超時短InDesign(2018/技術評論社)

  • 超時短InDesign
  • 技術評論社
  • 森 裕司
  • 2018

Amazon

Amazon

カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2018(2018/2/24/ボーンデジタル)

カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2018(2018/2/24/ボーンデジタル)

  • カラー図解 DTP&印刷スーパーしくみ事典 2018
  • ボーンデジタル
  • 森 裕司 (著)他多数
  • 2018/2/24

Amazon

Amazon

神速InDesig(2013/9/27/アスキー・メディアワークス)

神速InDesig(2013/9/27/アスキー・メディアワークス)

  • 神速InDesig
  • アスキー・メディアワークス
  • 森裕司 (著), 尾花暁 (著), たけうちとおる (著), 宮地知 (著), 今関洋一 (著), 結城しおり (著)
  • 2013/9/27

Amazon

Amazon

InDesignパーフェクトブック(2018/1/8/InDesignの勉強部屋)

InDesignパーフェクトブック(2018/1/8/InDesignの勉強部屋)

  • InDesignパーフェクトブック
  • InDesignの勉強部屋
  • 森 裕司
  • 2018/1/8

Amazon

Amazon