InDesign 2.0

No.85 Windows版での不具合

InDesignのMLでも話題になっていましたので、ここに記録として記述させていただきます。

  • Windows版で、2バイト文字を入力後、文字パレットや段落パレット等を操作し、その後shiftキーを押すと未確定文字「P」などが入力される。
  • 段落スタイルの表示/非表示を切り換えるためのショートカットの「F11」を押すと小文字の「z」が入力される。

などの不具合が出るそうです。
この現象は、インライン入力をオフに設定することで回避できるそうですので、思わぬ事故を防ぐためにも、インライン入力はオフにして作業をされるとよいでしょう。

InDesignの次のバージョンでは修正されるようです。
なお、Mac版ではこの現象は起きません。