InDesign CS4

No.06 スマートガイド

  • 2008-12-06 (土)

InDesign CS4では、スマートガイドの機能が搭載されました。オブジェクトを新規に作成したり、移動、変形する際に便利な機能で、作業時にさまざまなガイドが表示され、直感的に作業ができます。スマートガイド、スマートサイズ、スマートスペーシング、スマートカーソルの4つからなっています。

●スマートガイド

他のオブジェクトの端や中心に揃う位置にくるとガイドが表示され、スナップできます。オブジェクトを整列させたい時に便利な機能です。例えば、下図のように2つのオブジェクトがあり、マゼンタのオブジェクトをマウスで移動させるとします。



すると下の2つの図のように、シアンのオブジェクトの端や中心と揃う位置にくるとガイドが表示され、そのままマウスを離せばスナップします。もちろん水平方向だけでなく、垂直方向でもガイドは表示されます。




回転させる場合にもガイドは表示されます(下図)。



●スマートサイズ

オブジェクトを作成、変更、回転する際に「幅」「高さ」「回転」が表示され、サイズや回転がまわりのオブジェクトと同じになるとハイライト表示されます。



例えば、上図のマゼンタのオブジェクトを選択して、マウスでハンドルをドラッグしていくと、他のオブジェクトと同じサイズになった所でサイズが同じことを示すガイドが表示されます(下図)。



●スマートスペーシング

他のオブジェクト間のスペースと同じスペースになるとガイドが表示され、オブジェクトをスナップできます。複数のオブジェクトを等間隔で整列させたい場合に便利な機能です。



例えば、上図のマゼンタのオブジェクトを選択して移動させると、他のオブジェクト間と同じスペースになった所でスペースが同じことを示すガイドが表示されます(下図)。



●スマートカーソル

オブジェクトを変形する際に、カーソルに「X位置」「Y位置」「幅」「高さ」「回転」などの情報が表示されます(下図)



なお、スマートカーソルをオフにしたい場合には、[環境設定]の[インターフェイス]で「変形値を表示」のチェックを外します(下図)。



●スマートガイドオプション

なお、実際に作業をしてみると、オブジェクトが複雑に入り組んだようなドキュメントでは、やたらガイドが表示されてうっとうしい場合もあります。そのような場合は、[環境設定]の[ガイドとペーストボード]でそれぞれの表示のオン/オフを切り換えることができます(下図)。