新着情報

10周年を終えて

10周年のお礼

皆さん、こんにちは。先日、第40回目の勉強会が終了しました。第1回の勉強会を開催したのが、2006年4月22日ですから、ちょうど10年が経ったわけです。

まずは、過去の勉強会にスピーカーとして登壇していただいた皆さん、本当にありがとうございました。この場を借りてお礼申し上げます。

・過去の登壇者(登壇順)
市川せうぞーさん/渡邊和仁さん/壱岐孝平さん/digioさん/小野塚繁基さん/西山正一さん/大橋幸二さん/菊地謙さん/浅田正洋さん/竹内亨さん/鷹野雅弘さん/カワココさん/大石十三夫さん/大熊肇さん/村上良日さん/坂口礼治さん/津田淳子さん/境祐司さん/北岡弘至さん/伊達千代さん/紺野慎一さん/岩本崇さん/樋口泰行さん/尾花暁さん/コントヨコさん/野口尚子さん/藤本圭さん/大倉壽子さん/藤井太洋さん/カイシトモヤさん/茄子川導彦さん/坂野公一さん/宮地知さん/加納佑輔さん/的場仁利さん/小杉幸一さん/濱口博文さん/鈴木一誌さん/丸山邦朋さん/矢野まさつぐさん/海津ヨシノリさん/五十嵐華子さん/小川明生さん/菊池美範さん

また、プチセッションにも多くの方に登壇していただきました。ありがとうございました。

この文書を読んでくれている方の多くは、過去の勉強会に参加したことのある方だと思いますので、この10年を振り返りながら、私の思いを伝えたいと思います。

勉強会を始めたきっかけ

振り返ってみると、長いようであっという間な10年だったように思いますが、まずは勉強会を始めたきっかけについてお話したいと思います。

私がDTPを始めたのが二十数年前ですが、当時はもちろんこのような勉強会はなく、知識を得るためには“詳しい人に教えてもらったり”“関連する書籍を読んだり”といった方法しかありませんでした。しかし、徐々にインターネットが普及しはじめ、多くの方がネット上に有益な情報を発信してくれるようになりました。フリーランスだった私は、こういった場で随分と勉強させていただいたのを覚えています。そして、DTP系サイトのオフ会が開かれるようになったのもこの頃でした。その多くは東京で開催されていましたが、私は自腹でちょくちょく参加させていただくように。名古屋から参加すると確かにお金はかかりましたが、オフ会には多くの有名な方や知識豊富な方がたくさん集まってきており、そこで得た知識や友人が、今の私の基礎になっていると言っても過言ではありません。

また、Apple User Groupの活動が活発になってきたのもその頃です。名古屋にもいくつかUser Groupがあり、その1つに入ってApple製品についての情報交換を始めました。小さな会でしたが、メンバーの誰かがApple製品やさまざまなソフトウェアについてプレゼンし、情報を伝えるというオフ会を開催していました。このオフ会での経験が、今の勉強会の基礎になったと言えるかもしれません。

そんな折り、あるイベントの後の懇親会で、A社の方から「名古屋のDTPをユーザーから盛り上げていきましょう」と肩を押されたわけです。つまり、「ユーザーが作るユーザーのためのセミナー(勉強会)をやりましょうよ」と言われたわけですね。「会場費ぐらいうちが出しますから」とも言われましたが、ただの一度のお金を出してもらったことはありませんけどね(笑)
また当時、名古屋には「WCAN」というWebの勉強会がスタートしていました。「DTPでもこんな勉強会ができたらいいな〜」と思ったのも理由の1つです。つまり、素敵なお手本がすでにあったというわけですね。

そのなこんなで、私も「よしっ、DTPの勉強会をやってみるか」との思いで始めたのがこの勉強会です。当初は私の知り合いに声を掛けて20名ぐらいの参加者でスタートしました。これまで宣伝らしい宣伝はしてきませんでしたが、口コミ等で徐々に広がり、今では100名程の方が参加してくれるイベントになりました。ありがとうございます。

勉強会への思い

そもそも、この勉強会を始めるにあたっての私の思いは2つありました。
1つ目は「知識を得てほしい」というこ。それも特に若い方に勉強してほしいと思っていました(もちろん、ベテランの方にも勉強してほしいですが……)。私のようにフリーランスだと、先輩や同僚から教えていただくといった機会はありません。また、会社によってもやり方はまちまちで、「自分の会社の常識が他社では非常識」なんてこともありますし、また他の人がどんなやり方をしているのかを学ぶということは非常に重要です。「こうやれ」と教えられたことでも、「何でこうするのか」という根本的な部分を理解していないと応用が効かないからです。ですから、古い時代の印刷や制作を知っている方には当たり前のことでも、若い方には当たり前じゃないことも多いわけです。そういった意味からも、とくに若い方に学んでほしいと思っていました。

2つ目は「横の繋がりを持ってほしい」ということ。先にも書きましたが、私自身、オフ会で多くの友達や知識を得ました。オフ会等で同業者の方と会話をし、情報を交換するということはお金に変えがたいものです。オフ会に参加する方は向上心のある方が多いですし、また仕事の上での繋がりができるかもしれません。そして何より、「やる気」をもらえます。極端な言い方をすれば、勉強の場よりも交流の場の方が重要と言えるかもしれません(あっ、もちろん勉強は重要ですよ)。これは、私自身の経験から強く思う気持ちです。

そもそも、この2つの思いで勉強会を始めました。この会の名前が『DTPの勉強部屋』となっているのも、セミナーイベントというよりも「みんなで一緒に勉強していきましょう」という思いが強かったからです。ですから、この勉強会の目的は勉強や交流の場であって、それ以上でもそれ以下でもありません。勉強会に人を集めるのが目的ではないですし、利益を出すことが目的でもありません。協賛金もまったくいただいていないですし、正直、この勉強会では1円も儲けていません。
私の個人的な気持ちから言えば、本当は無料にしたいとも思うのですが、会場を借りるお金やスピーカーの方にお支払いする交通費や謝礼を捻出する必要があるために、皆さんに受講料を頂いているというわけです。本来であればスピーカーの方にももっとお支払いしたいのですが、ユーザーベースの勉強会ということで、スピーカーの方にはご協力いただいています。本当に感謝でいっぱいです。

それともう1つ、勉強会の広がりについてもお話しておきますね。大阪の宮地さんがこの勉強会に参加されて、「大阪でも勉強会をやりたい」という強い思いで始められたのが『大阪DTPの勉強部屋』です。宮地さんに「勉強部屋」の名前を使わせてほしいと言われた時には、とても嬉しかったのを覚えています。宮地さんが『大阪DTPの勉強部屋』で頑張っておられる姿は、私自身、おおきな励みになっています。その後、東京や埼玉、山口でも勉強会がスタートしました。今後も、こういった勉強会が各地に広がっていくことを願っています。

勉強会の今後

勉強会もスタートして10年が経ちましたが、最近、「参加してくれる方が減ってきているなー」と感じてきています。最近では、ネットでさまざまな情報を得ることができますし、動画が公開されているものもあります。わざわざ足を運んでセミナーに参加しなくても、情報を得ることができる時代になったわけです。しかし、個人的には生で参加するメリットは大きいと考えています。やはりスピーカーの方の伝えたい思いは、ライブで参加する方が伝わりますよね。ですから多くの方が勉強会に参加したくなるように、我々、運営側もいろいろと変わっていく必要があると思っています。

そこで、これまで3ヵ月に1度の割合で開催していた勉強会を6ヵ月に一度の勉強会のしようと思っています。これまで、基本的にメインセミナー2本で運営してきましたが、プチセッションをやめてメインセミナー3本とし、より濃い内容で開催していこうと考えています。ただ、受講料は3,000円に上げさせていただきます。2,000円では運営がたちゆかなくなるため、申し訳ありませんがご理解ください。

また、メインの勉強会の回数が減った分、違ったアプローチの勉強会を開催しようかとも考えています。例えば、10〜20名ぐらいのミニ勉強会です。大きな勉強会ではセミナー中に質問したりはできませんが、小さな勉強会であれば、参加者同士で気軽に質問したり、話し合ったりしながら進めていくことができます。このミニ勉強会については、どのように開催するか等、まだ詳細は決めておりませんので、何か良い案があったらお聞かせください。

いずれにせよ、運営方法やその内容を変えながら、当初の思いである「学ぶこと」と「繋がること」を忘れない勉強会として運営していきたいと思っています。この先ずっと続けていきたいと思っていますので、これからも応援してください。

10周年を迎えられたのも皆さんのおかげです。
ありがとうございました!


懇親会会場

第40回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:つくね屋本舗 名駅店
   名古屋市中村区名駅4-4-38 B1F(ウインクあいち 地下1階)
   名古屋駅徒歩5分
   TEL 052-551-0390
時間:午後7時00分〜
料金:4,000円

よろしくお願い致します。


第40回(10周年記念)勉強会のお知らせ

第40回勉強会の開催が決定しましたのでお知らせいたします。今回は、勉強会がスタートして10周年ということで、いつもとは違った構成で勉強会を開催させていただきます。セミナー(および懇親会)参加希望の方は、「勉強会お申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、セミナー終了後にその場で交流会を開催させていただきます。日頃、同業他社の方と話をする機会が少ない方も、ぜひ交流を図って情報交換等をしていただければと思います。

■勉強会
日時:2016年5月21日(土)14時00分〜18時45分
    【セミナーは14時〜18時、交流会は18時〜18時45分を予定しています】
    (13時30分より受付開始)
会場:ウインクあいち 小ホール
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
    JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
    ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
定員:150名
受講料:3,000円(勉強会当日、受付でお支払いください。希望者には領収書を発行できます)
※今回の受講料は3,000円となります。ご注意ください。

■内容(予定)
Keynote Session:デザイナーは『拡張し、集中』する。
日本語DTPの歩みはオープン化とダウンサイジングの時代でもあった。専用機からMacintoshを経て汎用PCへ。そして個別アプリケーションの複雑な組み合わせから、クラウドコンピューティングやモバイルデバイス・アプリケーションによる、場所も時間もハードウエアにも制約されない環境へと変化は続いている。このような環境変化の中、デザインをどれだけ最適な形で届けられるかが重要だ。それには『思考の拡張と実行の集中』をどう行うかがポイントと言える。30年間デザインの現場に関わり、そのうち10数年をデザイン・DTP分野の教育に関わった立場から、デザイナーの知見と経験が、これからの社会へどのように貢献できるかを考察。


スピーカー:菊池 美範 氏(株式会社エイアールディー 代表)
1960年生まれ。愛知県立瀬戸窯業高校デザイン科、多摩美術大学グラフィックデザイン専攻卒業。
1980年代からMacintoshを使ったDTPをデザインワークに取り入れる。1991年から1993年まで西武コミュニティカレッジ『Macintoshの学校』講師、1995年から2004年まで多摩美術大学 造形表現学部非常勤講師を務める。「MacUser日本版」「日経デザイン別冊」「日経アーキテクチュア」「デジタルカメラマガジン」など専門誌のアートディレクション・デザインに多く関わる。
30年経営してきたデザインオフィス「エイアール」を2015年3月で解散。現在は小規模出版と、企業のデザイン戦略やスタートアップをクリエイティブの面で支援する「エイアールディー」の代表として活動中。



Illustrator Session:アクションとスクリプト、さらなる活用のポイント
Illustratorでの操作を記録して、再実行させるアクション、Illustratorではできないこと、できなくはないけれど面倒なことを実現するスクリプト、また、その合わせ技。
Illustratorでの制作の効率化に欠かせないアクションとスクリプトの使いこなしについて解説します。


スピーカー:鷹野 雅弘 氏(株式会社スイッチ 代表)
1996年にDTP制作プロダクション「株式会社スイッチ」をスタート。 その後、Web制作、コンサルティング業務にシフト。トレーニングやテクニカルライティングのほか、書籍の企画や編集なども行っている。2015年から大阪芸術大学 客員教授
CSS Nite(Web制作者向け)、DTP BoosterINDD(DTP制作者向け)などのセミナーイベントを企画運営。また、DTP制作者向けの情報サイトDTP Transitを2005年から継続している。
テクニカルライターとして30冊弱の著書を持ち、総販売数は16万部を超える。主な著書に『10倍ラクするIllustrator仕事術(増強改訂版)』(共著、技術評論社)、『Webデザインの現場ですぐに役立つ Photoshop仕事術』(共著、ソシム)など。
『10倍ラクするIllustrator仕事術』のプロモーションのため、2014年10月から2015年11月の13ヶ月で全都道府県縦断セミナーツアーをすべての県で完了。『10倍ラクするIllustrator仕事術』は2011年版と合わせて3万部を突破。



Photoshop Session:歴史から紐解く、Photoshopの効果的な学び方
Photoshopの機能が増えるにつれて、その習得により多くの時間が必要となってきています。これは機能が増加したためというだけでなく、複数の機能が絡み合うことで問題を複雑にしているからです。この問題は自分が習得するだけでなく、だれかにPhotoshopを教える場合でも同じような問題を引き起こすでしょう。
一方、古くからのユーザーになればなるほど新機能の習得に時間がかからない場合があります。これは、新機能が古い機能の延長や応用である場合が多く、古い機能を熟知することが新機能への理解を助けているためです。
今回はそんなPhotoshopの機能追加の順序や重要度を理解することで、分かりにくくなった機能を紐解きます。


スピーカー:藤本 圭 氏(株式会社テイク・フォト・システムズ 代表)
フィルムメーカーのスタジオカメラマンから責任者を経て退職。
株式会社テイク・フォト・システムズを設立しコマーシャルスタジオのデジタル化や大型写真館の立ち上げなどを請け負い、現在は主にフォトスタジオの運営、ゲストハウスでのブライダル撮影やアルバム制作、フォトレタッチなどを行う。
そのほかにフォトスタジオの効率化やデータベースを含めたPhotoshopのワークフロー構築、Photoshopのセミナーなど幅広く活動する。上記以外に得意な領域は人間の視覚や認識と画像の関係。
主な著書に『Photoshop 10年使える逆引き手帖【CC/CS6/CS5 対応】(ソフトバンククリエイティブ) 』
Photoshopデザインラボ -プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック-[改訂第二版]【CS〜CS5対応】(ソフトバンククリエイティブ)』等がある。



InDesign Session:時短のための神速InDesign
クライアントによる無理なスケジュールや急な修正依頼に対応するためには、できるだけ素早く作成できる作り方を見につけ、また直しにも強いデータ作成が重要になります。このセッションでは、意外と知られていないであろう神速テクニックを、できるだけたくさんご紹介していきます。


スピーカー:YUJI(InDesignの勉強部屋
名古屋で活動するフリーランスのデザイナー。Webサイト「InDesignの勉強部屋」や、名古屋で活動するDTP関連の方を対象にスキルアップや交流を目的とした勉強会・懇親会を行う「DTPの勉強部屋」を主催。
InDesignプロフェッショナルの教科書』(MdN)、『神速InDesign』(アスキー・メディアワークス)、『InDesign CS6マスターブック』(マイナビ)、『InDesign CS6で作るEPUB 3 標準ガイドブック』(翔泳社)、『速習デザインInDesign CS6』(技術評論社)など、InDesignに関する著書・共著も多数。Adobeサイト内の「Adobe InDesign CC入門ガイド」も執筆担当。



Adobe Session:Creative Cloud使っていますか? 〜便利なサービスと互換情報〜
提供開始から4年が経過、Creative Cloudの最新情報とDTPユーザーに活用して欲しいサービスをデモを交えご紹介します。また実務でも役立つ、過去バージョンとの互換性に関する注意点も合わせてお伝え致します。


スピーカー:岩本 崇 氏(アドビ システムズ株式会社
2004年にアドビ システムズ社に入社。Illustrator、InDesignなどの、DTPデザインツールを担当。一貫して広くデザイン、印刷市場へ最新製品を訴求。担当製品も多く、デザインに深く関わるフォントや、コードを書かずにWebサイト作成が可能なAdobe Museも担当。本人曰くわかりやすい説明を信条としている。




■タイムテーブル(予定)
14:00〜14:05 ごあいさつ
14:05〜14:55 Keynote Session:デザイナーは『拡張し、集中』する。
14:55〜15:10 休憩
15:10〜15:45 Illustrator Session:アクションとスクリプト、さらなる活用のポイント
15:45〜16:20 Photoshopr Session:歴史から紐解く、Photoshopの効果的な学び方
16:20〜16:35 休憩
16:35〜17:10 InDesign Session:時短のための神速InDesign
17:10〜17:45 Adobe Session:Creative Cloud使っていますか? 〜便利なサービスと互換情報〜
17:45〜18:00 ごあいさつ
18:00〜18:45 交流会

■懇親会(交流会の後、席を変えての飲み会となりますので、希望者のみ申し込んでください)
時間:19時00分頃〜
場所はセミナー会場近くの居酒屋を予定しています。料金は実費です。
詳細が決まりましたら、後程お知らせいたします。
※当日のドタキャンはご遠慮ください。前々日までにキャンセルのご連絡がない場合、料金をいただきます。

■お願い
※勉強会が近づきましたら、参加者には受講票をメールさせていただきます。
 セミナー当日はプリントして受付にご提示ください。
※当日はネームタッグをご用意いたしますので、名刺を1枚お持ちください。
※USTREAMでの中継や動画撮影は禁止とさせていただいております。
※キータイプの音が気になる方もいらっしゃいます。
 セミナー会場でパソコンを使用する際には、回りの迷惑にならない範囲でご使用ください。

※セミナーは先着順にて受付し、定員に達ししだい受付を締め切ります。
※重複してお申し込みはできません。
※部屋の温度調整は行いますが、座る場所によっては寒いといったケースがあるかもしれません。ひざ掛けやカーディガン等をお持ちいただくと良いかもしれません。
※申し込みのキャンセルや申し込み内容の変更、ご質問等がありましたら、「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい(その際には登録番号をお知らせください)。


第39回勉強会終了報告

2016年2月27日(土)、「第39回勉強会」が名古屋の安保ホールにて開催されました。
Session1は、当勉強会の主催者でもあり、InDesignに関する書籍(『InDesign プロフェッショナルの教科書』など)の執筆や、講習などで活動されているYUJIさんの「InDesign、覚えておきたい機能あれこれ」。InDesignの基本から、あまり知られていない機能など幅広い解説でした。
Session2は、多くのメジャー企業のブランディングを手がけているアートディレクター小川明生さん(株式会社ティ・エム・シー代表)による「対話するマークデザイン」。自身が手がけられたCIやロゴマーク・ロゴタイプを例に、ブランディングのプロセスや心がけていることなどをお話いただききました。
ミニセッションでは、川原正隆さん(株式会社ニューキャスト代表)による、InDesignの自動組版や自社サービスに関するお話がありました。

Session 1:InDesign、覚えておきたい機能あれこれ
スピーカー:YUJI 氏InDesignの勉強部屋


まずは、自己紹介としてAdobeサイト内「入門ガイド」や『DTP&印刷スーパーしくみ辞典』の記事執筆、InDesignのイベント「INDD」での登壇予定などを紹介しました。
その後本題に突入。まずは「テキストフレームの基本」として、InDesignで扱う4種類のフレームの説明がありました。そのなかで、テキストを扱う「フレームグリッド」「テキストフレーム」の違いを覚えておく必要があるとのことで、両者の違いや、初心者が戸惑いやすい「グリッド揃え」に関する解説がありました。他にも「ジャスティフィケーションの設定」「フレームグリッド」からの均等詰め設定や、「フレームを内容に合わせる」ボタンなどの小ワザ紹介などがありました。
次に「複製利用」と題して、5種類のオブジェクト複製方法を紹介、基本的な「元の位置にペースト」や「繰り返し複製」の解説ほか、オブジェクト内に入れ子状に複製ができる「選択範囲内にペースト」とその応用としての「角丸の表」を作る方法をデモ。他に、作業効率を上げる上で便利な「スニペット」「ライブラリ」「コンテンツ収集ツール」「CC Libraries」などのそれぞれの特徴を紹介しました。
この他に「画像の配置」に関する便利な機能の数々を紹介。これらの機能は、作業の手順が少なくなり時短につながるので覚えておくと便利。特に「ライブキャプション機能」などは知らない人も多かったのではないでしょうか。
YUJIさんのSessionは、InDesignを少し触った程度の初心者にもわかりやすく、中・上級者であっても知らないままだった機能や、最新バージョンから追加された機能の解説など、幅広い人に役に立つ知識を与えてくれるものだったと思われます。

ミニセッション:

スピーカー:川原 正隆 氏(株式会社ニューキャスト
「まとめて解る! InDesign自動化の全て」と題して、効率のよい自動化の方法を、ゆるい雰囲気のなか「Wordファイルの取り込み」などデモを交えて実演。

Session 2:対話するマークデザイン
スピーカー:小川 明生 氏株式会社ティ・エム・シー 代表)


Session2は、マークのデザインの話題を中心に「ブランディング」に関する深いお話をしていただけました。小川さんが代表する会社の名称“tmc”の由来は「トータル・マーケティング・コミュニケーション」の略であり、単にデザインだけをするのではなく、マーケティングなど、より大きな範囲で仕事がしたい、といった理念からこの名称になったとのことです。
マークやVIと呼ばれるものにおいて大切なことは「一貫性」。つまり広範囲における品質の確保が重要であり、企業でも人でもこれが欠けると信頼性がなくなる。その信頼性を確保するためには、マーク・ロゴの使用規定を細かく決めておき、例外を作らないことが大切であるとのことです。
ブランディングにおける最大の目的は、その企業・団体が目指す理想的なイメージを受け手に正しく伝えることであり、そのために、小川さんの会社では、企業理念の象徴であるCI(コーポレート・アイデンティティ)、企業の戦略的イメージとしてのBI(ブランド・アイデンティティ)、理念を映像化したVI(ビジュアル・アイデンティティ)を構築するといいます。
ブランディングの具体的なプロセスは、まずはクライアントの業界調査から始まり、クライアントの強み・弱点のヒアリング、そのうえで戦略を練って、デザインに落とし込み、そのデザインを発展させてクライアントと共にブランディングを継続させるといった流れです。特に戦略を考える前の段階である調査やヒアリングには時間をかけ、クライアントのトップと話をしたり、企業の歴史・生い立ちや理念、顧客像などを細かく聞き込み、そのうえで「目指す姿」を共有するための「コーポレートメッセージ」と呼ばれる文章を作成します。その文章をもとにデザインを制作することで、より説得力ある強いデザインが作れるということです。
ブランディング概要のお話の後は、小川さんが手がけた具体的な事例を紹介しながら、それぞれどのようなコンセプトでそのデザインを制作したか、というストーリーを語っていただきました。紹介されたマークは中部地区では誰もが一度は見たことのあるもので、完成度が高いだけでなく、そのマークに込められたストーリーが一つ一つの説得力を強くしていることが理解できました。
最後の質問コーナーでは、それぞれの質問に対し丁寧に答える姿が印象的でした。

レポート:加納 佑輔