other

No.05 最低限覚えておきたいショートカット

素早く作業するために、ショートカットは欠かせません。できるだけ多くのショートカットを覚えるに越したことはありませんが、今回は、最低限覚えておきたいショートカットをご紹介しておきたいと思います。

X:「塗り」と「線」のアクティブを切り替える
/:カラーを「なし」に
shift+X:「塗り」と「線」のカラーを入れ替える
J:フレームとテキストのどちらのカラー設定をアクティブにするかを切り替える
w:「標準モード」と「プレビューモード」の切り替え
選択ツールから文字ツールへ持ち替える:選択ツールでテキストフレーム内をダブルクリック
単語の選択:文字ツールでダブルクリック
行の選択:文字ツールでトリプルクリック
段落の選択:文字ツールで4回クリック
テキスト編集中にcommand(WindowsはCtrl)キーを押すと一時的に選択ツールに
テキスト編集中にescキーを押すと選択ツールに切り替わり、そのテキストフレームが選択される
テキスト編集中にoption(WindowsはAlt)キーを押すと一時的に手のひらツールに
画像の中身を選択:選択ツールで画像をダブルクリック

もちろん、これ以外にもたくさんのショートカットを覚えてください。
なお、ショートカットが割り当てられていないメニューやコマンドにも、ショートカットを設定することが可能です。まず、[編集]メニューから[キーボードショートカット]を選択します(下図)。



[キーボードショートカット]ダイアログが表示されるので(下図)、[新規セット]を作成してショートカットを割り当てればOKです。なお、[セット表示]ボタンをクリックすることで、ショートカットの一覧をテキストとして表示することも可能です。プリントして、ショートカットを覚える時の参考にすると良いかもしれません。



ちなみに、カスタムで作成したショートカットは、初期設定の「InDesign Shortcut Sets」の中に保存されます(下図)。