InDesign 2.0

No.71 インライングラフィックの応用

皆さん、InDesignで下図のようなバターンが続く印刷物を作成する時、どのように作りますか? 通常は、見出し部分と本文部分を別のテキストフレームとして作ることが多いかもしれません。



実は、友人が見出し部分をインライングラフィックとして本文中に配置して作成するのを見て、「これは便利かも!」と思いましたので、ご紹介させていただきます。



まず、見出し部分は本文と別フレームにして作成します(上図)。次に見出しをコピーして、本文のフレームグリツドにペーストします(下図)。



するとインライングラフィックはフレームグリッドの級数より大きいため、2行取りになります。



次に、このインライングラフィックを選択ツールで下方向にドラッグします。



すると2行取りになっていた本文も、すべて1行取りになります(上図)。
(なぜ、1行取りになるかは、Study Room 2.0J No.64No.65を参照して下さい)
これを選択ツールまたは[変形]パレットへ数値入力することで、インライングラフィックの位置を調整します(下図)。



あとは、インデントやタブを使用して整えれば出来上がりです。こうして作成したものは、テキストの増減により、本文の行数が変更されても、それに合わせて見出し部分も移動するため、修正が非常に楽になります。