InDesign 2.0

No.53 マスターオブジェクトを前面に

  • 2002-10-25 (金)

BBSでも質問がありましたので、Study Roomにまとめてみました。
ノンブルや柱など毎ページに作成しなければならないオブジェクト等はマスターページに作成する事で、作業を軽減する事ができます。しかし、これらのオブジェクトは通常、ドキュメントページでは最背面に表示されます。これを前面に表示させるにはどうしたらよいのでしょうか。
まずマスターページ上に下図のようにノンブルを作成しました(Aは文字ではなく、ページ番号です)。



このままの状態で、ドキュメントページでノンブルの位置にオブジェクトを作成すると、ノンブルはオブジェクトで隠されてしまいます。ノンブルをオブジェクトの前面に表示したい場合には、レイヤー分けをします。
仮にレイヤーAとレイヤーBを作成したとします。そして先程作成したノンブルはレイヤーBに移動します(下図)。



次にドキュメントページでは、レイヤーAにオブジェクトを作成します。するとマスターオブジェクトであるノンブルが、ドキュメントオブジェクトである緑色の矩形の上に表示されているのが分かると思います(下図)。



今回はノンブルで説明しましたが、なにもノンブルでなくてもOKです。要はマスターオブジェクトをドキュメントオブジェクトより前面に配置したい場合には、レイヤー分けをし、マスターオブジェクトをドキュメントオブジェクトより上のレイヤーに配置すればOKです。