InDesign 2.0

No.52 選択範囲内にペースト

InDesignの[編集]メニューには[選択範囲内にペースト]という項目があります。これは既に配置されている画像を別のフレームに配置したり、パスを入れ子状態にしたい時などに使用すると便利です。
まずコピー元の画像やパスをコピーし、ペーストしたいフレームを選択後、[選択範囲内にペースト]を実行します。ただ元画像をコピーする際、[選択ツール]を使用してコピーするのと[ダイレクト選択ツール]を使用してコピーした時とでは、ペースト後の状態が違いますので注意して下さい。
下図は青いフレームの画像を[選択ツール]でコピーした後、赤いフレームに[選択範囲内にペースト]を実行したものです。元画像と同じ位置に配置されています。



下図の画像は[ダイレクト選択ツール]でコピー後、[選択範囲内にペースト]を実行したものです。フレームの左上を原点に配置されています。



つまり[選択ツール]でコピーした場合は、元画像の位置や倍率のままペーストできるのに対し、[ダイレクト選択ツール]を使用した場合には、フレームの左上を原点に配置されるのです(元画像が拡大・縮小されている場合は、100%で配置されます)。
これを応用すれば、下図のようなものもInDesign上で簡単に処理できます。



まず猫の画像の上に「Cat」という文字を入力します。次に下図のようなパスを書きます(わかりやすく赤で書いています。またサンプルなのでパスは正確に書いていません)。次に[選択ツール]で猫の画像をコピーし、赤いフレームに[選択範囲内にペースト]を実行します。