InDesign 2.0

No.30 欧文字間と半角数字間の文字組みアキ量設定

InDesign 1.0Jでは[欧文字間]と[半角数字間]の[文字組みアキ量設定]がテキストに適用されないという不具合がありました(テクニカルソリューションデータベース サポート文書番号220418参照)。




どういう事かというと、上図のように[前の文字クラス]や[後の文字クラス]に[欧文]や[半角数字]を選択して、[半角数字]や[欧文]にアキ量を設定しても、テキストには反映されないという不具合でした。この設定で組んだものが下図です。



設定した[文字組みアキ量設定]がテキストに反映されていないのがわかります。
ところがテクニカルソリューションデータベース サポート文書番号221547を見ていただくとわかるのですが、1.0Jで上記項目を設定した[文字組みアキ量設定]を使用したドキュメトンを2.0Jで開くと、1.0Jで入力されていたアキ量値が再計算される結果、文字組みが崩れるのです。つまり1.0Jではテキストに反映されなかった[半角数字]や[欧文]の[文字組みアキ量設定]が2.0Jでは反映されるようなのです。
試しに上図ドキュメントを2.0Jで開いたものが下図です。



一部文字が詰まっていますのでフレームの大きさを変更してみましたが(下図)、[半角数字]や[欧文]の[文字組みアキ量設定]はテキストに反映されているようです。



1.0Jの不具合が2.0Jで解消されたのならいいのですが、2.0Jでは[半角数字]や[欧文]の項目はグレーアウトになっているため設定をすることができません(下図)。



なぜ2.0Jで[半角数字]や[欧文]の項目が設定できなくなったのかはわかりませんが、考え方を変えれば[半角数字]や[欧文]の項目をテキストに適用したいのであれば、1.0Jで[文字組みアキ量設定]を作成して2.0Jで開けばよいかもしれません。

もしこの方法で問題がないようであれば、Study Room 2.0J No.11で記述した「1歯詰めの欧文の詰めを解除する」のも[検索/置換]を使用して、わざわざ欧文の詰めを解除しなくても[半角数字]や[欧文]のアキ量値を詰めた分だけ広げてやればよいようです。簡単に試した所うまくいきましたが、[半角数字]や[欧文]の項目がグレーアウトになっているという事は、何か問題があるのかもしれません。PSプリンタでプリントした限りでは問題はありませんでしたが、この方法を使用する場合は、自己責任でお願いいたします。
この件につきまして、何かご存知の方はご連絡いただけるとありがたいです。