InDesign 1.0

No.58 画像の配置

  • 2001-10-03 (水)

InDesignではEPS・TIFF・AI・PSD・PDFなど様々な形式の画像を配置でき、テキストと同じように色々な方法で配置することができます。以下の3つのケースに分けて考えてみました。

・ドラッグ&ドロップで配置する
・[ファイル]→[配置]を選択して配置する
・コピー&ペーストで配置する

●ドラッグ&ドロップで配置する場合

・フレームなど何もない所へドラッグ&ドロップすると、ドロップした位置にグラフィックフレームが作成され、原寸で配置されます。
・テキストフレームやフレームグリッド、グラフィックフレームのある場所へドラッグ&ドロップするとフレームはグラフィックフレームに変わり、原寸で画像が配置されます。

●[ファイル]→[配置]を選択して配置する場合

[ファイル]→[配置]を選択すると下図のようなダイアログが表示されます。



[選択アイテムの置換]という項目がありますが、通常はチェックを入れておきましょう。チェックを入れていない状態ですと、テキストフレームやフレームグリッドを選択して画像を配置しようとしても、カーソルが画像保持カーソルに変化して、画像はそのフレームに直接配置されません。
また[読み込みオプションを表示]にチェックを入れると、その画像の形式によって様々なダイアログが表示されます。
○EPSの場合



○PDFの場合



○EPS・PDF以外の場合




配置する画像の形式によって適切なオプションを指定して下さい。
先にフレームを選択した状態で配置するとそのフレーム内に配置されますが、何もフレームを選択していない場合には、カーソルが画像保持アイコンに変化しますので、任意の位置でクリックまたはドラッグして配置するか、配置したいフレーム上でクリックして配置して下さい。

●コピー&ペーストで配置する

グラフィックをコピー&ペーストで配置する場合は、他の方法と違ってリンクが作成されません。また、ユーザガイドによると、コピー&ペーストで配置したグラフィックはクリップボードを介して変換されるので、品質が元のアプリケーションより低くなる場合があるそうです。あまり使用しない方がいいかもしれませんね。

(補足)
・ドラッグ&ドロップ配置した場合や[読み込みオプションを表示]にチェックを入れずに配置した場合には[画像読み込みオプション]ダイアログは出ません。前回同じフォーマットが読み込まれた時のオプションが使用されますのでご注意下さい。
・フレームを移動したり大きさを変更する場合は、選択ツールを使用し、配置された画像を移動する場合にはダイレクト選択ツールを使用します。
・ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストで配置したIllustratorオブジェクトは、InDesign上で編集可能です。(ただし、グラデーションを使用したオブジェクトは黒色で表示されますので注意して下さい)
・配置した画像は[オブジェクトサイズ調整]を使用して(下図参照)効率的に大きさや位置を合わせましょう。(ショートカットを割り当てると便利です)