Creative Cloud

No.05 Creative Cloud Market

Creative Cloud Marketは、Creative Cloudユーザーが使用できるサービスで、画像やUI、パターンやブラシ等、仕事で役立つコンテンツのコレクションです。コンテンツはクリエイターが作成しているため、非常に高品質なのが特徴です。毎月500個まで、無料でダウンロード可能です。

では、実際にCreative Cloud Marketを使用してみましょう。
まず、[Creative Cloudデスクトップ]アプリから[アセット]→[Market]を選択します(下図)。



たくさんのコンテンツが表示されますが、[全カテゴリー/おすすめ]の所をクリックすると、目的に応じた絞り込みが可能です(下図)。
カテゴリーは「画像」「UI」「ベクトル画像」「アイコン」「パターン」「ブラシ」に分かれています。



ここでは、右側にある検索アイコンをクリックしてみましょう。
すると、検索ワードの入力が可能となるので、目的のテキストを入力して実行します。
ここでは「Apple Watch」という検索ワードで検索しました(下図)。



すると、検索した内容に関連するコンテンツのみが表示されます。
使用したい素材を見つけたら、クリックすることでファイルサイズや形式等、詳細な内容を確認できます(下図)。



実際にダウンロードするには、右上にある[ダウンロード]ボタンをクリックし、ダウンロードするライブラリを指定します。ここでは「sample」を選択しました。
これで、ダウンロードが開始されます。



InDesignに切り替え、[CC Libraries]パネルで指定したライブラリを表示させると、この画像が「グラフィック」に追加されているのを確認できます(下図)。
あとは、通常の画像同様、使用できます。



※Creative Cloudのサービス等に関しては、Adobeのサイトも参照してください。
InDesignでのライブラリ活用法
ライブラリ機能の概要