InDesign CC 2014

No.07 効果の拡大・縮小

これまでのバージョンでは、ドロップシャドウ等の「効果」が適用されたオブジェクトを拡大・縮小しても、下図のように効果までは拡大・縮小されませんでした。



CC 2014では、[変形]パネル、あるいは[コントロール]パネルの[拡大/縮小X(Y)%]に数値入力してオブジェクトを拡大・縮小すると、下図のように「効果」も拡大・縮小できます。



この動作は、[変形]パネルのパネルメニューに追加された[拡大/縮小時に効果を調整]というコマンドがオンになっていることで実現できます(下図)。なお、デフォルトではオンになっています。



※なお、同様の内容をAdobe Design Magazine内の『InDesign CCを体験しよう』でも書かせていただいております。