第39回勉強会

第39回勉強会終了報告

2016年2月27日(土)、「第39回勉強会」が名古屋の安保ホールにて開催されました。
Session1は、当勉強会の主催者でもあり、InDesignに関する書籍(『InDesign プロフェッショナルの教科書』など)の執筆や、講習などで活動されているYUJIさんの「InDesign、覚えておきたい機能あれこれ」。InDesignの基本から、あまり知られていない機能など幅広い解説でした。
Session2は、多くのメジャー企業のブランディングを手がけているアートディレクター小川明生さん(株式会社ティ・エム・シー代表)による「対話するマークデザイン」。自身が手がけられたCIやロゴマーク・ロゴタイプを例に、ブランディングのプロセスや心がけていることなどをお話いただききました。
ミニセッションでは、川原正隆さん(株式会社ニューキャスト代表)による、InDesignの自動組版や自社サービスに関するお話がありました。

Session 1:InDesign、覚えておきたい機能あれこれ
スピーカー:YUJI 氏InDesignの勉強部屋


まずは、自己紹介としてAdobeサイト内「入門ガイド」や『DTP&印刷スーパーしくみ辞典』の記事執筆、InDesignのイベント「INDD」での登壇予定などを紹介しました。
その後本題に突入。まずは「テキストフレームの基本」として、InDesignで扱う4種類のフレームの説明がありました。そのなかで、テキストを扱う「フレームグリッド」「テキストフレーム」の違いを覚えておく必要があるとのことで、両者の違いや、初心者が戸惑いやすい「グリッド揃え」に関する解説がありました。他にも「ジャスティフィケーションの設定」「フレームグリッド」からの均等詰め設定や、「フレームを内容に合わせる」ボタンなどの小ワザ紹介などがありました。
次に「複製利用」と題して、5種類のオブジェクト複製方法を紹介、基本的な「元の位置にペースト」や「繰り返し複製」の解説ほか、オブジェクト内に入れ子状に複製ができる「選択範囲内にペースト」とその応用としての「角丸の表」を作る方法をデモ。他に、作業効率を上げる上で便利な「スニペット」「ライブラリ」「コンテンツ収集ツール」「CC Libraries」などのそれぞれの特徴を紹介しました。
この他に「画像の配置」に関する便利な機能の数々を紹介。これらの機能は、作業の手順が少なくなり時短につながるので覚えておくと便利。特に「ライブキャプション機能」などは知らない人も多かったのではないでしょうか。
YUJIさんのSessionは、InDesignを少し触った程度の初心者にもわかりやすく、中・上級者であっても知らないままだった機能や、最新バージョンから追加された機能の解説など、幅広い人に役に立つ知識を与えてくれるものだったと思われます。

ミニセッション:

スピーカー:川原 正隆 氏(株式会社ニューキャスト
「まとめて解る! InDesign自動化の全て」と題して、効率のよい自動化の方法を、ゆるい雰囲気のなか「Wordファイルの取り込み」などデモを交えて実演。

Session 2:対話するマークデザイン
スピーカー:小川 明生 氏株式会社ティ・エム・シー 代表)


Session2は、マークのデザインの話題を中心に「ブランディング」に関する深いお話をしていただけました。小川さんが代表する会社の名称“tmc”の由来は「トータル・マーケティング・コミュニケーション」の略であり、単にデザインだけをするのではなく、マーケティングなど、より大きな範囲で仕事がしたい、といった理念からこの名称になったとのことです。
マークやVIと呼ばれるものにおいて大切なことは「一貫性」。つまり広範囲における品質の確保が重要であり、企業でも人でもこれが欠けると信頼性がなくなる。その信頼性を確保するためには、マーク・ロゴの使用規定を細かく決めておき、例外を作らないことが大切であるとのことです。
ブランディングにおける最大の目的は、その企業・団体が目指す理想的なイメージを受け手に正しく伝えることであり、そのために、小川さんの会社では、企業理念の象徴であるCI(コーポレート・アイデンティティ)、企業の戦略的イメージとしてのBI(ブランド・アイデンティティ)、理念を映像化したVI(ビジュアル・アイデンティティ)を構築するといいます。
ブランディングの具体的なプロセスは、まずはクライアントの業界調査から始まり、クライアントの強み・弱点のヒアリング、そのうえで戦略を練って、デザインに落とし込み、そのデザインを発展させてクライアントと共にブランディングを継続させるといった流れです。特に戦略を考える前の段階である調査やヒアリングには時間をかけ、クライアントのトップと話をしたり、企業の歴史・生い立ちや理念、顧客像などを細かく聞き込み、そのうえで「目指す姿」を共有するための「コーポレートメッセージ」と呼ばれる文章を作成します。その文章をもとにデザインを制作することで、より説得力ある強いデザインが作れるということです。
ブランディング概要のお話の後は、小川さんが手がけた具体的な事例を紹介しながら、それぞれどのようなコンセプトでそのデザインを制作したか、というストーリーを語っていただきました。紹介されたマークは中部地区では誰もが一度は見たことのあるもので、完成度が高いだけでなく、そのマークに込められたストーリーが一つ一つの説得力を強くしていることが理解できました。
最後の質問コーナーでは、それぞれの質問に対し丁寧に答える姿が印象的でした。

レポート:加納 佑輔


懇親会会場

第39回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:伍味酉 名古屋駅前店
   名古屋市中村区名駅3-18-6
   JR名古屋駅 ユニモール10番出口 徒歩1分
   TEL 052-588-7772
時間:午後7時00分〜
料金:4,000円

よろしくお願い致します。


第39回勉強会のお知らせ

第39回勉強会の開催が決定しましたのでお知らせいたします。セミナー(および懇親会)参加希望者の方は、「勉強会お申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、セミナー終了後にその場で交流会を開催させていただきます。日頃、同業他社の方と話をする機会が少ない方も、ぜひ交流を図って情報交換等をしていただければと思います。

■勉強会
日時:2016年2月27日(土)14時00分〜18時45分
    【セミナーは14時〜18時、交流会は18時〜18時45分を予定しています】
    (13時30分より受付開始)
会場:安保ホール ※いつもと会場が異なりますので、ご注意ください。
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅3-15-9
    JR名古屋駅桜通口 大名古屋ビルヂング裏 徒歩3分
定員:100名
受講料:2,000円(希望者には領収書を発行できます)

■内容(予定)
Session 1:InDesign、覚えておきたい機能あれこれ
皆さん、同じオブジェクトを複数個所で使用したいような場合、どのように作業されているでしょうか。コピー&ペースト、ライブラリ機能、コンテンツ収集(配置)ツール、CC Libraries等、InDesignではさまざまな方法で実現できます。“どのような機能を使用するとどのような動作をするか”を理解し、ケースバイケースで最も最適な方法で作業できれば効率的です。
また、意外と知られていない便利な機能も数多く存在します。このセミナーでは、普段見落としがちなInDesignの便利な機能を時間の許す限りご紹介していきます。


スピーカー:YUJI(InDesignの勉強部屋
名古屋で活動するフリーランスのデザイナー。Webサイト「InDesignの勉強部屋」や、名古屋で活動するDTP関連の方を対象にスキルアップや交流を目的とした勉強会・懇親会を行う「DTPの勉強部屋」を主催。
InDesignプロフェッショナルの教科書』(MdN)、『神速InDesign』(アスキー・メディアワークス)、『InDesign CS6マスターブック』(マイナビ)、『InDesign CS6で作るEPUB 3 標準ガイドブック』(翔泳社)、『速習デザインInDesign CS6』(技術評論社)など、InDesignに関する著書・共著も多数。Adobeサイト内の「Adobe InDesign CC入門ガイド」も執筆担当。

Session 2:対話するマークデザイン
シンボルマーク作りの面白さとは何でしょう? まず企業や団体を代表する普遍的な顔になるということがあげられます。しかし作り手としての面白さはそれだけではないように思われます。マークデザインは、本来グラフィックデザインの核のような気がするからです。マークは副次的な要素を取り除いた最もシンプルなものでありながら、その中に込められるべきそれぞれのメッセージがあります。
これまで多くの企業や団体のシンボルマーク・ロゴからVIをデザイン開発してきました。クライアントによって目指す姿やコンセプトは様々でが、独自のフォーマットに合わせコンセプトを導き出しています。ブランドデザインのコンセプトづくりから、キーとなるベーシックエレメントのデザインやビジュアル展開・広告展開へのブランディング手法などのプロセスをお話しします。


スピーカー:小川 明生 氏(株式会社ティ・エム・シー 代表)
◎略歴/1959年三重県生まれ。1986年(株)ティ・エム・シー設立。2007年東京事務所開設
◎主な仕事/中部国際空港・セントレア・商業エリアのVI計画から開港広報広告、世界こどもサミット、COP10、名古屋開府400年、ESDユネスコ世界会議2014、全国都市緑化フェア2015などのシンボルマークからグラフィック展開。松坂屋キャラクターさくらパンダ開発、その他企業のCI、VI計画から一貫した広告デザインがある。
◎主な受賞/JAGDA平和と環境のポスター展アラン・ヴェイユ賞、ヘルシンキ国際ポスタービエンナーレ・ラウリタラスティ賞などがある。
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会 (JAGDA)会員
➡2015年の仕事/港再開発用地「みなとアクルス」ネーミング・VI・サイン計画、「ホテリスタ」ネーミング・VI計画、豊川再開発「マチニワとよかわ」ネーミング協力・VI・サイン計画、FM愛知「@FM」VI計画、「立川病院」VI計画、「MASA21」 VI・リニューアルオープンのアートディレクションや、愛知県観光局PRロゴ、ユネスコデザイン都市名古屋、三重水素ステーション、クララザールじゅうろく音楽堂などのシンボルマークデザインがある。

■タイムテーブル(予定です)
14:00〜14:05 ごあいさつ
14:05〜15:25 Session 1:InDesign、覚えておきたい機能あれこれ
15:25〜15:40 休憩
15:40〜16:15 プチセッション
16:15〜16:30 休憩
16:30〜17:50 Session 2:対話するマークデザイン
18:00〜18:45 交流会

■懇親会(交流会の後、席を変えての飲み会となりますので、希望者のみ申し込んでください)
時間:19時00分頃〜
場所はセミナー会場近くの居酒屋を予定しています。料金は実費です。
詳細が決まりましたら、後程お知らせいたします。

■お願い
※勉強会が近づきましたら、参加者には受講票をメールさせていただきます。
 セミナー当日はプリントして受付にご提示ください。
※当日はネームタッグをご用意いたしますので、名刺を1枚お持ちください。
※USTREAMでの中継や動画撮影は禁止とさせていただいております。
※キータイプの音が気になる方もいらっしゃいます。
 セミナー会場でパソコンを使用する際には、回りの迷惑にならない範囲でご使用ください。

※セミナーは先着順にて受付し、定員に達ししだい受付を締め切ります。
※重複してお申し込みはできません。
※部屋の温度調整は行いますが、座る場所によっては寒いといったケースがあるかもしれません。ひざ掛けやカーディガン等をお持ちいただくと良いかもしれません。
※申し込みのキャンセルや申し込み内容の変更、ご質問等がありましたら、「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい(その際には登録番号をお知らせください)。