第38回勉強会

第38回勉強会終了報告

2015年11月21日(土)、DTP勉強部屋「第38回勉強会」が、ウインクあいち小ホールにて開催されました。
Session1ではスクリーン印刷の老舗、大和グランド株式会社の河合省吾さんによる、SAT SYSTEMという、画期的な印刷機の紹介、
Session2では、イラストレーター・DTPオペレータとして活躍しながらも、Illustratorの講習・執筆を数々行っている、五十嵐華子(hamko)さんによるIllustratorの機能の一つである「アピアランス」についてお話していただきました。
ミニセッションでは、石井俊充さんによる「コンテンツ作り」に役立つ自作ツールの紹介、山田学さんによ中部グラフィックコミュニケーション開催のセミナーの案内、YUJIさんによる、Adobe Maxで紹介したInDesignのTips等の披露が行われました。

Session 1:SAT SYSTEMにおけるデザインの可能性
スピーカー:河合 省吾 氏大和グランド株式会社 専務取締役)


世界の印刷技術を見て回り、日本の情報鎖国を危惧して8年かけて新技術の立ち上げに取り組んだ河合さん。セッションは「オフセット印刷とスクリーン印刷の間にある壁に穴を開けちゃいました」という言葉から始まりました。
SAT SYSTEMはスクリーン印刷の耐久性を保持したまま、オフセット印刷の基本形式で高速かつ高精細(200線)に刷る事ができる新しい印刷技術。
水無しオフセット印刷機で成形用フィルム印刷を実現。JIS規格よりも厳しい83℃400時間の紫外線でも色があせにくい。時速は500〜8000枚で、少量でのテストも可能となりヤレがほとんど出ないなどの特徴を説明されました。
この技術に対して、印刷業界からは拒否反応もあったそうです。しかし、それは自分たちの立ち位置から、従来のオフセットやスクリーンの延長線上の捉え方をするから出てくる意見であり、SAT SYSTEMはこれまでの印刷とは違う全く新しい視点で見ることが大切だということでした。それは一般印刷のDTPやWEBに携わっている勉強会の参加者にも言えることで、一見自分とは関係ないことのように感じるかもしれない。それでも、低迷する印刷業界の中にして、生まれたばかりの技術を知ることができたこと、その情報提供をしてくれる人間が目の前にいるということは、それ以外の人よりも先に動き始めることができるということ。自分の普段の仕事の立ち位置から見るのではなく、全く新しい視点から考えてみませんか、と呼びかけました。
さらに、全く新しいアイデアを出すためのヒントとして、河合さん自身がオフセット印刷でスクリーン印刷並みの耐久力を目指し、SATにたどり着くまでの「現在の位置と目標」をOmniGraffleを用いて管理していたことをあげられました。目標に対して進めるごとに旗を立て、無理そうならひとつ前の旗に戻る。無理には進まず、進む事を忘れない事が大切だということを説明されました。
また、会場にはSAT SYSTEMで印刷した自動車の内装用に成形されたフィルムや、絵画をスキャンし細かな色表現も6色だけでかなり高精細にプリントされたサンプルも展示されており、実際に手にしながら説明を聞く事で、よりリアルに付加価値を感じることができました。

ミニセッション:

スピーカー:石井 悦志 氏(グリンスタイル株式会社
石井さんが主宰する、コンテンツ創出のお手伝いEN JOYプロジェクトと、自身が作成した、コンテンツ作成ツール「EN Joy Maker」の紹介。

スピーカー:山田 学 氏(大寶製版株式会社
中部グラフィックコミュニケーションズ工業組合が開催する「クロスメディアカンファレンス」の案内。
自社のオンデマンドサービス「デジタルものづくり工房」の紹介。

スピーカー:YUJI 氏(InDesignの勉強部屋
先日開催された「Adobe Live 2015 – Best of MAX」で紹介したInDesignのTips紹介。
他には、先日モリサワやタイプバンクのフォント追加が話題になった、TypekitやAdobe Stockの紹介など。

Session 2:脱・初心者!Illustratorのアピアランスを使いこなそう
スピーカー:五十嵐 華子/hamko 氏ham factory


イラストレーター・DTPオペレータとしてだけではなく、Illustratorに関する講習でも各地で活躍され、なかでも以前発表された「アピアランス機能だけで制作した洋食シリーズ」で、「ここまでやるか」とDTP従事者を震撼させた五十嵐華子(以下hamko)さん。今回は、初心者に敬遠されがちだったIllustratorのアピアランス機能の、後で編集しやすいデータ制作方法にフォーカスしたお話をしていただきました。
簡単な自己紹介の後、まず「アピアランス」とは何かという、簡単な説明がありました。ここから「こんなデータは嫌だ」として「角丸が角丸長方形ツールで作られたもの」「フチ文字が昔ながらの方法で作成されたもの」「線を重ねて作られた、線路オブジェクト」など、DTP従事者なら一度はお目にかかる「修正するのが面倒な、迷惑な〈あるある〉データ」を紹介し、開場からの大きな共感を得ました。
これらのデータはアピアランス機能のごく初歩的な使い方で「後編集に強いデータになる」ということで、デモを交えて簡単な紹介。
アピアランス機能を使いこなす上で重要になるのは、[アピアランス]パネルであり、パネル内で「何が起きているのか」を理解することが重要であるといいます。[アピアランス]パネル内の要素は、適用される順番によって結果が変わり、それは料理で言うと「下ごしらえ」「調理」「仕上げ」にあたるものである、と考えると分わかりやすいとのことです。
ここからは、用途別のアピアランス機能の便利な使い方をデモを交えながら紹介していただきました。まずは「DTP編」として、「ゴシック体などの角を丸くする方法」や「内側角丸フレーム」と題した飾り枠の制作方法を披露し、その後は「イラスト編」に移り、+Designing vol.40に掲載された記事「カレイドラボ」に提供したイラストで、アピアランス機能を使って制作したパーツ類の制作方法を紹介。「和風の雲のつくりかた」「四角形の紙吹雪のつくりかた」を披露していただきました。
今回紹介されたテクニックは、Illustratorの基本操作を理解していれば誰でもすぐにできるため、役に立った人が多かったと思われます。これらの他にも、hamkoさんの個人サイト「ham factory」でTips紹介や一部データがダウンロードできるので、興味のある方はそちらも参考にしてみるとよいとのことでした。hamikoさんのSessionは、ツールとしてのIllustratorの楽しさがよく伝わってきて、帰宅したらすぐにIllustratorを立ち上げたくなった人も多かったのではないでしょうか。

レポート:加納 佑輔・吉岡 典彦


懇親会会場

第38回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:つくね屋本舗 名駅店
   名古屋市中村区名駅4-4-38 B1F(ウインクあいち 地下1階)
   名古屋駅徒歩5分
   TEL 052-551-0390
時間:午後7時00分〜
料金:4,000円

よろしくお願い致します。


第38回勉強会のお知らせ

第38回勉強会の開催が決定しましたのでお知らせいたします。セミナー(および懇親会)参加希望者の方は、「勉強会お申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、セミナー終了後にその場で交流会を開催させていただきます。日頃、同業他社の方と話をする機会が少ない方も、ぜひ交流を図って情報交換等をしていただければと思います。

■勉強会
日時:2015年11月21日(土)14時00分〜18時45分
    【セミナーは14時〜18時、交流会は18時〜18時45分を予定しています】
    (13時30分より受付開始)
会場:ウインクあいち 小ホール
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
    JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
    ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
定員:150名
受講料:2,000円(希望者には領収書を発行できます)

■内容(予定)
Session 1:SAT SYSTEMにおけるデザインの可能性
近年のオフセット印刷は、オンデマンド印刷を意識せざるを得ない市場性になり、機械スピードのさらなる向上や高細線化、インラインホイラーやコーターなどの組み合わせによる、表現の拡張などに取り組んできました。名刺やチラシなど、ネット販売による低価格化で、他の印刷価格も引きずられるように落ちています。
SATグループでは、全く違う観点からオフセット印刷を見つめ、8年間思考錯誤した結果、今までに無い概念を実現しました。それが「耐久力の有る高細線の印刷」です。
200線の高細線で、耐久力の有る印刷が可能だと考えると、一体、どんなコトをデザイン出来るでしょうか?
「エッ?オンデマンドでも、耐久力の有るプリンター出力は有るでしょ?」
皆さん、そうお考えになると思います。
では、以下のようなオーダーの場合は、どうでしょうか?
「オリンピック期間中に使用する、屋外ディスプレーを高細線で1,000枚欲しい」
「美術館のロビー壁面に、和の淡いパターンを全面施工したい」
「A全サイズのリトグラフを作成したいが、耐水で耐光性の有る物を100枚、3日後に」
「バイクのカウルデザインにグラデが欲しい。当然成型する」
「EVの車内デザインパーツに、繊細なディテールを採用したい」
「キッチンや家電をトータルデザインで量産したい」

SAT SYSTEMは、全てのオーダーに応えられます。
皆さんだったら、どんな可能性を考え、どんなデザインが出来るでしょうか?


スピーカー:河合 省吾 氏(大和グランド株式会社 専務取締役)
1956年 岐阜の山奥生まれ、幼少期はビンボーで服は常に、お下がり&貰い物。頭が悪くて普通科に行けず、工業高校行き。成績は赤ザブトンが付きまとう。
19才、花の東京で印刷営業デビュー。こんな無茶な話は無いと、今でも思う。営業力は「酒」に非ず、説得できる技術ベースが重要と確信。家業の印刷現場に入り、修行の日々。
業界団体のツアーでは無く、強者(つわもの)に付いて世界を見て回る。アメリカ、カナダ、ドイツ、オランダ、イギリス、イタリア、チェコ、中国、ベトナムetc
日本の印刷、鎖国状態を思い知る。Mede in JAPAN って何なのかを自問自答。
2015年 SAT SYSTEM誕生

Session 2:脱・初心者!Illustratorのアピアランスを使いこなそう
Illustratorに「アピアランス」の概念が導入されてからはや15年。角丸やドロップシャドウはDTPでも定番の効果ですが、「機能全体を使いこなせているかちょっと自信がない」と言う方も多いのではないでしょうか。
基礎編では「アピアランスとはなんぞや?」という概念の部分を、応用編では効果を組み合わせて作るさまざまなアピアランスを解説。「単純な効果同士の組み合わせでこんな表現も出来るのか!」という作例や、ちょっとしたイラスト制作にも役立ちそうな活用法もご紹介します。
実務にきっと役立つアピアランス、使いこなしのための第一歩になれば幸いです。


スピーカー:五十嵐 華子/hamko 氏(ham factory
チラシや冊子などの制作をメインとする印刷会社でオペレーター、ディレクターを経て、2010年に退職・独立。現在はDTPやデザイン、イラスト制作をメインにフリーランスで活動。イラスト制作・DTPオペレーション両方の観点から、見た目も構造も美しく、「後工程に迷惑をかけないデータ」を目指して日々模索中。
著書に神速Illustrator(アスキー・メディアワークス発行・共著)。2014年グループ展「Vectorial Love」出展。
(Twitter)https://twitter.com/hamko1114

■タイムテーブル(予定です)
14:00〜14:05 ごあいさつ
14:05〜15:25 Session 1:SAT SYSTEMにおけるデザインの可能性
15:25〜15:40 休憩
15:40〜16:15 プチセッション
16:15〜16:30 休憩
16:30〜17:50 Session 2:脱・初心者!Illustratorのアピアランスを使いこなそう
18:00〜18:45 交流会

■懇親会(交流会の後、席を変えての飲み会となりますので、希望者のみ申し込んでください)
時間:19時00分頃〜
場所はセミナー会場近くの居酒屋を予定しています。料金は実費です。
詳細が決まりましたら、後程お知らせいたします。

■お願い
※勉強会が近づきましたら、参加者には受講票をメールさせていただきます。
 セミナー当日はプリントして受付にご提示ください。
※当日はネームタッグをご用意いたしますので、名刺を1枚お持ちください。
※USTREAMでの中継や動画撮影は禁止とさせていただいております。
※キータイプの音が気になる方もいらっしゃいます。
 セミナー会場でパソコンを使用する際には、回りの迷惑にならない範囲でご使用ください。

※セミナーは先着順にて受付し、定員に達ししだい受付を締め切ります。
※重複してお申し込みはできません。
※部屋の温度調整は行いますが、座る場所によっては寒いといったケースがあるかもしれません。ひざ掛けやカーディガン等をお持ちいただくと良いかもしれません。
※申し込みのキャンセルや申し込み内容の変更、ご質問等がありましたら、「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい(その際には登録番号をお知らせください)。