第36回勉強会

第36回勉強会終了報告

2015年5月16日(土)、DTPの勉強部屋「第36回勉強会」が、ウインクあいち小ホールにて開催されました。
Session1は、組版オペレーターの傍ら、自作のInDesignやIllustratorのスクリプト公開や、DTPに関する雑誌記事の執筆もされている、丸山邦朋(ものかの)さんが登壇。日本語組版に関する深いお話をしていただきました。
プチセッションでは、島崎肇則さんによる配色の基礎知識と、樋口泰行さん、hamkoさんに、先日好評だった24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」で行ったデモンストレーションの再現をしていただきました。
Session2は、名古屋を中心に、クリエイティブディレクターとしてブランディング事業で数々の実績と、多くの受賞歴をもつ矢野まさつぐさんに、クライアントに満足してもらうためにご自身が実行していることを中心にお話ししていただきました。

Session 1:文字組版をもうちょっと考える
スピーカー:丸山 邦朋 氏ものかの


Session 1は、書籍組版のプロで、組版に詳しいだけでなく、InDesignのプラグインやIllustratorのスクリプトなどを公開している丸山邦朋(通称:ものかの)さんによる、組版に関する哲学的とも言えるお話でした。
まず、何らかの形で日本語組版に関わりがあるほとんどの来場者に向けて「日本語組版を行っていて、ある種の「もやもやした気持ち」を感じていないだろうか」という疑問を投げかけます。それは具体的には「欧文組版と違った、居心地の悪さ」「触れてはいけない空気」といったものだといいます。
なぜ、日本語組版にはある種の居心地の悪さがあるのか。それを探るために、丸山さんは今日のデジタルフォント以前の日本語表現に遡ります。活版ができるまえの、江戸の木版(版本)や仮名ができた平安時代の書、さらには仮名ができる以前の空海の書や中国の書まで遡り、本来漢字の文字組みは、1文字1文字を均等に並べる「ならべ書き」であり、ここに連綿が前提の仮名が交じることで、日本語組版は複雑化せざるを得なかったことを解説します。
丸山さんは、活字による文字組みとは「言葉」と「工業生産」の2つの要素から成り立っていると述べ、工業生産品として品質を安定させるために、日本語組版は「木版」から1文字1文字が独立した「活版」へ移行していったと説明します。その後、文字組みは今日のデジタルフォントと組版ソフトによる、データ作成に移行しますが、「言葉」と「工業生産」の2つを高い次元で両立させるために大切なことは、「読んだ人が、適切に〈意味〉を生み出せるようにすること」と言います。人は文字を組んだときに「意味」がすでにそこにあるように錯覚してしまうが、本来はそうではなく「読んだ人がその瞬間に〈意味〉を頭の中で生み出す」のである。そのために組版に従事する人間は「読みやすさ」を求めがちだが、それは工業製品として当たり前のことで、「言葉」の領域としての「意味」を、読んだ人が生み出せるようにすることが、必要なのだと力強く解説しました。
丸山さんのお話は、終始熱気につつまれており、聴衆者はどんどんと引き込まれていく、独特の空間となりました。日本語組版に従事する人必見の内容といえ、感銘を受けた方も少なくなかったようです。
その後、時間が少し残ったため、IllustratorとInDesignのデモンストレーションで、「ソフトウェアがどのようにして縦組みを行っているか」という解説を、和やかな雰囲気のなか行いました。

プチセッション:

スピーカー:島崎 肇則 氏
配色いろはの「い」。配色の基本的な考え方を解説。

スピーカー:樋口 泰行 氏
24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」Ai-1グランプリで実演されたデモから、
様々なハートの作り方を紹介。

スピーカー:hamko 氏(ham factory
24時間Illustrator「愛(Ai)はクリエイティブを救う」Ai-1グランプリで実演されたデモから、
星座表の作り方を例に、アピアランスやスクリプトを交えて効率よく作成する方法を紹介。

Session 2:クライアントから本当のニーズを引き出す4つの質問と、サービスとホスピタリティーの違いについて。
スピーカー:矢野 まさつぐ 氏株式会社レンズアソシエイツ 代表取締役/クリエイティブディレクター)


名古屋でアートディレクターをされている矢野さんのセッションは、クライアントとの関係性や、一緒になって良い物を作っていくということを考えさせられるお話でした。
矢野さんはまず、デザイン業が役所等で「サービス業」にカテゴライズされていることへの違和感と、自分たちの仕事は「ホスピタリティ業」であるという考えを示し、サービスとホスピタリティはどう違うのかを説明されました。
サービスは提供する側が効率性を求めて何をするのかを決めるもので、例としてメニューと対価が明確なコンビニやファーストフードのチェーン店などをあげられました。
ホスピタリティは受け手が何をして欲しいかを汲み取って、おもてなし・喜びを与えるものであり、利害関係のない家族間のやりとりや、常連の集まる個人の居酒屋などがそれに当てはまるとのこと。デザイン業も、クライアントによって答えが違うオートクチュールな業種であることから、ホスピタリティという表現がしっくり来ることがよく分かりました。
そして、話はヒアリングのテクニックへ。矢野さんはグラフィックデザイナーからディレクター職へ移ったことにより、一日のうち人と話している時間が多くなったそうです。そこで編み出したテクニック「クリエイティブブリーフ」を紹介していただきました。これは4つの質問+αで構成された1枚のシートで、決まった順番で質問していくことでクライアントのニーズを導き出せるというものでした。
その4つの質問は、まず「1.現在の立ち位置」(クライアントが周りにどう思われているか。その理由はなぜか)、次に「2.あるべき立ち位置」(目標ゴール・ターゲットにどう思ってもらい、どう行動してもらうか。核となる欲求は何か)、そして「3.モノの相」(商品・サービスのポイント。他社との違いは?商品単体だけでなく会社の文化から見えることもある)、最後に「4.ヒトの相」(お客様・ターゲット。性別や年齢で限定されない、共通の「ライフスタイル」や「気持ち」を持った人たちのこと)。これらの質問を、順番にいろんな聞き方で深堀りをして、クライアント自身も気づいていなかった、数字やマーケティングでは見えてこない信条や本当の気持ちを引き出すこと。ここまでくると、クライアントとの距離も縮まり、デザイン案をいくつも出さなくても、これだけ理解してくれた人が良いと言うものなら、自分も良いと思うものだろうと認識してもらいやすくなるのだそうです。
さらにここで打合せの核となる「5.出会いの相」を示されました。「3.モノ」と「4.ヒト」がどういう出会いをすれば「1.現状」から「2.目標」へ到達できるのか、その為に何をすればいいのかを一緒に考え、短期的な目標や、長期的な目標を整理する段階。当初は1枚のチラシだけを予定していた案件が、大きなお仕事へ発展することもあるということでした。そこに「6.業界の環境・経済状況」「7.具体的な提出物(&スケジュール)」も記入した「クリエイティブブリーフ」が1枚あれば、打合せに参加していないスタッフとも重要な情報を共有できると述べられました。
その後の質疑応答でも「クライアント側の人間として動く」「そのために余計なおせっかいを沢山する」などの回答が出て、ホスピタリティの意識が溢れたセッションでした。

レポート:加納 佑輔・吉岡 典彦


懇親会会場

第36回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:つくね屋本舗 名駅店
   名古屋市中村区名駅4-4-38 B1F(ウインクあいち 地下1階)
   名古屋駅徒歩5分
   TEL 052-551-0390
時間:午後7時00分〜
料金:4,000円

よろしくお願い致します。


第36回勉強会のお知らせ

第36回勉強会の開催が決定しましたのでお知らせいたします。セミナー(および懇親会)参加希望者の方は、「勉強会お申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、セミナー終了後にその場で交流会を開催させていただきます。日頃、同業他社の方と話をする機会が少ない方も、ぜひ交流を図って情報交換等をしていただければと思います。

■勉強会
日時:2015年5月16日(土)14時00分〜18時45分
    【セミナーは14時〜18時、交流会は18時〜18時45分を予定しています】
    (13時30分より受付開始)
会場:ウインクあいち 小ホール
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
    JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
    ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
定員:150名
受講料:2,000円(希望者には領収書を発行できます)

■内容(予定)
Session 1:文字組版をもうちょっと考える
文字組版は工業生産であるとともに、人の心を動かす言葉でもあります。この大きく隔たった異質な2つは、互いにせめぎあい、矛盾を生み、それでも文字組版の両輪としてどちらも欠くことができません。そんなことをもうちょっと掘り下げて考えてみます。


スピーカー:丸山 邦朋 氏(ものかの
小さな制作会社で主に書籍の組版をしている普通のDTPの人。DTP用のアプリを「ものかの」で公開している。文字っ子が高じてフォントや組版の講演執筆をすることがある。
『DTP&印刷スーパーしくみ事典(ボーンデジタル)』の「日本語組版の基礎知識」や『+DESIGNING Vol.34(マイナビ)』の「Glyphs Mini & OTEditクイックガイド」、『+DESIGNING Vol.38(マイナビ)』の「Font Technology」等も執筆を担当。




Session 2:クライアントから本当のニーズを引き出す4つの質問と、サービスとホスピタリティーの違いについて。
日々クライアントから依頼される仕事は多種多様ですが、実はその依頼の奥底に本当のニーズが隠れているケースは数多く、そのほとんどはクライアント自身も気付いていません。この勉強会では私が普段やっている「クライアントの本当のニーズ」を引き出すための4つの質問の話をします。すでに皆さんがしているだろう当たり前の質問を、決まった順番でするだけで隠れていたものが見えてきます。誰でも出来るとても簡単なスキルなので受講後すぐに活用出来ると思います。それから多くの方が勘違いしているだろうサービスとホスピタリティーの違いについても少しだけお話して整理したいと思います。


スピーカー:矢野 まさつぐ 氏(株式会社レンズアソシエイツ 代表取締役/クリエイティブディレクター )
1974年愛知県刈谷市生まれ。
シャイな幼少期。活発な小学時代。思春期全開でゆがんだ中学時代。部活のためだけに学校に通い、部活引退と共に夜のクラブ活動に明け暮れた高校時代。グラフィックデザイナーになるために入学したはずが日々疑問と不安の狭間で苦しんだ専門学校時代。学生時代にバイトでお世話になったデザイン事務所にそのまま就職し4年独立し1年弱のフリーランス生活を満喫した後、お誘いをうけたデザイン事務所に就職。4年半お世話になり円満退社。
2004年1月 design studio OPENENDS 設立。
2007年10月1日(デザインの日) 株式会社オープンエンズへ組織変更。
設立10周年の2014年にオープンエンズを含むデザイン事務所3社を束ねる形で株式会社レンズアソシエイツを1月6日(色の日)に設立し今に至る。
大きな笑い声と挨拶だけでここまでやってきた文字とデザインをこよなく愛する二輪ジャンキー。
If you're stuck in one place you're dead.(立ち止まったら死んだも同然だ!)をモットーに日々前進と転倒を繰り返し怪我の数だけ人は成長すると信じている。社内のデザイナーへの指示は基本的に擬音語のみ。よく使う指示は「パッと見てドン!」「ギュッとさせてスコーン!」
NPO法人 東京タイプディレクターズクラブ(東京TDC)会員



■タイムテーブル(予定です)
14:00〜14:05 ごあいさつ
14:05〜15:25 Session 1:文字組版をもうちょっと考える
15:25〜15:40 休憩
15:40〜16:15 プチセッション
16:15〜16:30 休憩
16:30〜17:50 Session 2:クライアントから本当のニーズを引き出す4つの質問と、サービスとホスピタリティーの違いについて。
18:00〜18:45 交流会

■懇親会(交流会の後、席を変えての飲み会となりますので、希望者のみ申し込んでください)
時間:19時00分頃〜
場所はセミナー会場近くの居酒屋を予定しています。料金は実費です。
詳細が決まりましたら、後程お知らせいたします。

■お願い
※勉強会が近づきましたら、参加者には受講票をメールさせていただきます。
 セミナー当日はプリントして受付にご提示ください。
※当日はネームタッグをご用意いたしますので、名刺を1枚お持ちください。
※USTREAMでの中継や動画撮影は禁止とさせていただいております。
※キータイプの音が気になる方もいらっしゃいます。
 セミナー会場でパソコンを使用する際には、回りの迷惑にならない範囲でご使用ください。

※セミナーは先着順にて受付し、定員に達ししだい受付を締め切ります。
※重複してお申し込みはできません。
※部屋の温度調整は行いますが、座る場所によっては寒いといったケースがあるかもしれません。ひざ掛けやカーディガン等をお持ちいただくと良いかもしれません。
※申し込みのキャンセルや申し込み内容の変更、ご質問等がありましたら、「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい(その際には登録番号をお知らせください)。