第35回勉強会

第35回勉強会終了報告

2015年2月21日(土)、DTPの勉強部屋「第35回勉強会」が、ウインクあいち小ホールにて開催されました。
Session 1は、本勉強会「DTPの勉強部屋」の主催者で、ウェブサイト「InDesignの勉強部屋」を運営されているYUJIさんが登壇。「Creative Cloudで大きく変わるワークフロー」として、作業をより便利するサービスやアプリの紹介と、Creative Cloud以降に追加された新機能をご紹介いただきました。
ショートセッションは、「page2015」のクリエイティブゾーンセミナーで好評だったInDesignの自動化についてのセッションを、川原 正隆さんよりお話いただきました。
Session 2は、ブックデザイナーの鈴木 一誌さんにご登壇いただき、「フォーマットをつくる」と題して、杉浦康平氏のアシスタント時代の事も交えつつ、「粗い目盛り」を用いることで引き出される本文設計についてお話いただきました。

Session 1:Creative Cloudで大きく変わるワークフロー
スピーカー:YUJI 氏InDesignの勉強部屋


Session 1は、本勉強会「DTPの勉強部屋」の主催者のYUJIさんより、Creative Cloudを導入することで得られるメリットと新機能をデモを交えて紹介していただきました。
まずCreative Cloudを用いるメリットとして、Adobeが展開している様々なサービスやモバイルアプリが利用できることを上げられました。
フォルダやファイルをグループで共有することが可能なクラウドストレージ。これはファイルの作業履歴から過去状態に戻すこともできるということでした。他にも、フォントを利用できるTypekit、様々な素材がDLできるCreative Cloud Market、各アプリケーションの機能追加プラグインがDLできるAdd-ons、自分の制作したデータをアップし世界中のクリエイターと交流できるサービスBehanceなど、クラウドを活かしたサービスを紹介いただきました。また、昨年11月にリリースされた多くのiPhoneやiPad向けモバイルアプリは、Creative Cloud上でデータが連動され、モバイルアプリで作った作品をデスクトップ上でも編集ができるということを説明されました。
次に紹介されたのが自分が使うカラーテーマやテキストスタイル、ブラシ、グラフィックなどの素材を管理できるCreative Cloudライブラリ。これはIllustrator、Photoshop、InDesignのそれぞれのライブラリパネルから(InDesign[CCライブラリ]パネル)共通の素材を登録・使用ができ、アプリ間同士でシームレスに連携させながら作業できる機能でした。
モバイルアプリもiPhoneの画面をスクリーンに映してデモが行われました。Adobe Shape CCはiPhoneなどで撮影した画像をパス化することができるアプリで、保存すると自動的にCreative Cloudライブラリに登録され、即座にIllustrator等で編集できるようになっていました。また、撮影した写真をIllustratorやPhotoshopのブラシとして使えるAdobe Brush CC、カメラに映るものから5色を選びカラーテーマとして登録できるAdobe Color CCも紹介されました。
そして話はCreative Cloudのデスクトップツールの新機能へ。全体の機能として、同じAdobe IDの2台のマシン間で環境を揃えられる[設定の同期]と、Illustrator、Photoshop、InDesignのドキュメント上でフォントのプレビューが可能になったことを紹介されました。
次に、Illustrator CC以降の新機能。コーナーウィジェットを使って作れる新しい角丸、ペンツールのラバーバンドや、曲線ツール、パス連結ツールなどの強化されたパス関連機能、ポイント文字とエリア内文字の切替えや自動サイズ調整が効くようになった文字オブジェクトがデモされました。
Photoshop CC以降の新機能としては、ピントの合っているところだけを切り抜く「焦点領域」、解像度の低い画像のアップサンプリングが[ディテールを保持(拡大)]を選ぶことで、より高品質にできるようになったこと、強化されたガイド機能、スマートオブジェクトのリンク配置とパッケージが紹介されました。
そして最後のInDesign CC、先日のアップデータで機能が向上した表機能から紹介。テキストフレーム内にカーソルがなくても[表を作成[コマンドからダイレクトに表が作れるようになったこと、選択した行や列をopitionキーを押しながらドラッグで移動できるようになったことが説明されました。また、カラーテーマツール、固定EPUの書き出しについても解説されました。

ショートセッション:まとめて解る!InDesign自動化の全て・改
スピーカー:川原 正隆 氏株式会社ニューキャスト
いつものプチセッションに変わり、今回は30分のショートセッションが行われました。
ニューキャストの川原 正隆さんは、「page2015」のクリエイティブゾーンセミナーでお話された「まとめて解る!I nDesign自動化の全て」のスライドを倍の量にして登壇されました。
まず「InDesignの機能を活かすには、DTPオペレーター以外の人にも知ってもらうことが大切」という言葉からはじまり、使用者だけではなくそこに関わる人たち(営業・校正者)が機能を知って、効率的な作業をイメージし、時間を手に入れよう!というお話でした。
InDesignの自動化機能として「段落・文字スタイル」「ワード取り込み」「タグ付きデータの取り込み」「データ結合」「XML取り込み」「検索置換」「スクリプト」のデモをしながら、事前に仕様をしっかり吸い上げること、不安のある機能はその他のツールで検証してみること、100%自動化できなくてもいいから機能の使いどころを見極めること、手作業より機械に任せた方が安全だということを伝えていただきました。InDesignが入っていないマシンでの分業方法や、クライアント側で加筆修正できる使い方など、機能をシンプルに上手く使った方法も紹介されました。
さらにその先のお話として、IDMLを使ったライトなWEB自動組版「IDML Binder」を紹介されました。これは、InDesignでタグを入れたテンプレートをアップすると、そのタグがWEB上のフォームになり、そこへエクセルデータをアップすることで各項目が紐づくという、自動化への新しい提案でした。

Session 2:フォーマットをつくる
スピーカー:鈴木 一誌 氏


ブックデザイナーである鈴木 一誌さんによるセッションは、紙やWEBのデザインの核心としてフォーマットの重要さが深く伝わってくるお話でした。
鈴木さんは、雜誌や書籍などのデザインにおいて、フォーマットをしっかりと作ることで、複数のデザイナーの作業における変化を受け入れつつ、全体として統一感が生まれるということ、また、フォーマットが予算やスケジュールを立てるためのチームワークのシナリオになるということを述べられました。
まず、自分の中に「粗い目盛り」を持つことを提案。活字、写植の頃の仕組み的な目盛りの不自由さを、あえてDTPの時代に積極的に使えないか。色に関してもカラースターを例に、粗い目盛りで使える色を限定し、違うなと思ったところは自分のセンスで、徐々に目盛りを細かくしていくデザインのアプローチを説明されました。
そして、かつての遠近法や、設計図で用いられている、かたちを再現するため正方形のグリッド。これを前提とすることで、設計された物のプロポーションを捉えることができると解説されました。例として身近なもののプロポーションも紹介され、鉛筆が1:22、ポケットティッシュが10:7、新幹線のドアが2:5など、どれも綺麗にプロポーションが整っているものばかりで驚かされました。
このプロポーション=正方形のグリッドを、デザイン紙面上にも「粗い目盛り」として取り入れようということで、例として書籍の表紙をグリッド付きで紹介されました。洗練されたレイアウト上の写真や文字などのオブジェクトが、粗いグリッドに沿ってデザインされているのを見て取ることができました。グリッドが目安となり、その中で違和感をおぼえた部分は正方形の半分、さらに半分…と細かい目盛りへとズラしてアレンジをしていることを解説されました。
さらに「円形計算尺」という計算道具を使って、実際に四六判とA5判のプロポーションの割り出し方も説明いただきました。円形計算尺で四六判の128×188ミリを設定すると、19:28をはじめ3通りのグリッド数が割り出されていました。その上で、InDesignではどのようにフォーマットを作ればいいのかを解説していただき、割り出したグリッド上に、レイアウトグリッド、フレームグリッドという階層の違うグリッドシステムが乗っていることを説明されました。
グリッドシステムの細部には、本文と構造明示子が存在し、それぞれの違いについても詳しく説明いただきました。構造明示子は見出しや韻文などのことで、箱組の本文と違う組版ルール・改行のシステムによって成り立っているということ。構造明示子のデザインの仕方についても、大きさや、微妙なセンターからのズラしによって違ってくることが解説され、それぞれ自然に見えたり見えなかったりする例に、会場からも驚きの声があがっていました。
このような微妙なズレで紙面を自然に見せるためには、担当者(編集・オペレーション・デザイン)のセンスの発動がいるということ。しかし、最初からセンスを100%で作業をするわけにはいかないので、あるところまでは「粗い目盛り」で、ここぞというところで自分のセンスを発動したらいいのではないかと重ねて述べられました。

レポート:吉岡 典彦・美奈子


懇親会会場

第35回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:樞(くるる)名駅店
   〒450-0002 名古屋市中村区名駅4-3-11
   名古屋駅徒歩5分
   TEL 050-5799-1661
時間:午後7時00分〜
料金:4,000円

よろしくお願い致します。


第35回勉強会のお知らせ

第35回勉強会の開催が決定しましたのでお知らせいたします。セミナー(および懇親会)参加希望者の方は、「勉強会お申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、セミナー終了後にその場で交流会を開催させていただきます。日頃、同業他社の方と話をする機会が少ない方も、ぜひ交流を図って情報交換等をしていただければと思います。

■勉強会
日時:2015年2月21日(土)14時00分〜18時45分
    【セミナーは14時〜18時、交流会は18時〜18時45分を予定しています】
    (13時30分より受付開始)
会場:ウインクあいち 小ホール
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
    JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
    ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
定員:150名
受講料:2,000円(希望者には領収書を発行できます)

■内容(予定)
Session 1:Creative Cloudで大きく変わるワークフロー
Creative Cloudのメリットは、単に多くのアプリケーションが使用できることだけではありません。Cloudスペースでのファイル共有をはじめ、TypekitやMarket、Adobe Exchange等、便利なサービスが色々と用意されています。また、クリエイターのネットワークサービスであるBehanceといったSNSもあります。
さらに、多くのタッチアプリ(Adobe Brush CC, Adobe Shape CC, Adobe Color CC, Adobe Illustrator Draw, Adobe Illustrator Line, Adobe Photoshop Sketch, Adobe Photoshop Mix, Adobe Lightroom mobile, Adobe Premiere Clip, Adobe Voice)もリリースされました。これらタッチアプリを、PhotoshopやIllustrator、InDesignと連携させて使用することで、ワークフローを大きく変えることもできます。
今回のセミナーでは、Illustrator、Photoshop、InDesignを使用した新しい連携ワークフロー(Creative Cloudライブラリ等)をご紹介し、CC以降のバージョンで搭載された「覚えておくことで作業効率が大きくアップする新機能(Illustrator、Photoshop、InDesign)」についても解説します。


スピーカー:YUJI(InDesignの勉強部屋
名古屋で活動するフリーランスのデザイナー。Webサイト「InDesignの勉強部屋」や、名古屋で活動するDTP関連の方を対象にスキルアップや交流を目的とした勉強会・懇親会を行う「DTPの勉強部屋」を主催。

InDesignプロフェッショナルの教科書』(MdN)、『神速InDesign』(アスキー・メディアワークス)、『InDesign CS6マスターブック』(マイナビ)、『InDesign CS6で作るEPUB 3 標準ガイドブック』(翔泳社)、『速習デザインInDesign CS6』(技術評論社)など、InDesignに関する著書・共著も多数。Adobeサイト内の「Adobe InDesign CC入門ガイド」や「InDesign CCを体験しよう」も執筆担当。



Session 2:フォーマットをつくる
本文設計=フォーマットは、書籍や雑誌デザインの核心である。フォーマットという舞台は、複数のページに統一感を与え、魅力ある変化をつくり出す。ではフォーマットを、InDesign上でどのようにつくればよいのか。
〈グリッド〉と〈プロポーション〉の概念を理解しながら、使いやすく実践的な本文設計を習得する。さらにテキストの構造化を見すえて、見出しのデザインや余白の演出を考察しよう。


スピーカー:鈴木 一誌 氏
ブックデザイナー。グラフィックデザイナー杉浦康平氏に師事し、12年間アシスタントをつとめ、1985年独立。学生時代に見た鈴木清順監督作品「東京流れ者」に衝撃を受け、時間のドラマをブックデザインで表現できないかと模索。2001年よりデザイン批評誌『d/SIGN』を戸田ツトムとともに責任編集。映画や写真の批評も手がける。「ページネーションのための基本マニュアル」を1996年に発表。
編著書に『画面の誕生』(2002年)、『ページと力―手わざ、そしてデジタル・デザイン』(2002年)、『重力のデザイン』(2007年)、『「三里塚の夏」を観る』。共編著に『知恵蔵裁判全記録』(2001年)、『映画の呼吸 澤井信一郎の監督作法』(2006年)、『全貌フレデリック・ワイズマン』(2011年)、『1969 新宿西口広場』(2014年、太田出版)。



■タイムテーブル(予定です)
14:00〜14:05 ごあいさつ
14:05〜15:25 Session 1:Creative Cloudで大きく変わるワークフロー
15:25〜15:40 休憩
15:40〜16:15 プチセッション
16:15〜16:30 休憩
16:30〜17:50 Session 2:フォーマットをつくる
18:00〜18:45 交流会

■懇親会(交流会の後、席を変えての飲み会となりますので、希望者のみ申し込んでください)
時間:19時00分頃〜
場所はセミナー会場近くの居酒屋を予定しています。料金は実費です。
詳細が決まりましたら、後程お知らせいたします。

■お願い
※勉強会が近づきましたら、参加者には受講票をメールさせていただきます。
 セミナー当日はプリントして受付にご提示ください。
※当日はネームタッグをご用意いたしますので、名刺を1枚お持ちください。
※USTREAMでの中継や動画撮影は禁止とさせていただいております。
※キータイプの音が気になる方もいらっしゃいます。
 セミナー会場でパソコンを使用する際には、回りの迷惑にならない範囲でご使用ください。

※セミナーは先着順にて受付し、定員に達ししだい受付を締め切ります。
※重複してお申し込みはできません。
※部屋の温度調整は行いますが、座る場所によっては寒いといったケースがあるかもしれません。ひざ掛けやカーディガン等をお持ちいただくと良いかもしれません。
※申し込みのキャンセルや申し込み内容の変更、ご質問等がありましたら、「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい(その際には登録番号をお知らせください)。