第27回勉強会

第27回勉強会終了報告

今回のDTPの勉強部屋は、Session 1では「これだけは覚えておきたいフォントの話」と題して、YUJI氏よりフォントに関するお話をしていただきました。Session 2では「クリエイター必見!トラブルを防ぐ最新のPDFワークフロー 〜Acrobat Proをとことん使い倒そう〜」と題して、大倉壽子氏よりPDFのお話をしていただきました。

Session 1:これだけは覚えておきたいフォントの話
スピーカー:YUJI 氏InDesignの勉強部屋

Session1では「InDesignの勉強部屋」を主催されるYUJIさんにフォントについてお話いただきました。始めに、「フォントには分類方法に応じてさまざまな呼び名がある」として、データの持ち方による分類、表示方法の違いによる分類、PostScriptフォントの用途による分類、PostScriptフォントの内部構造による分類を紹介されました。続いて、フォントには書体名とPostScriptフォント名の2つの名前があり、各フォントの特徴として、OCFフォント、CIDフォント、OpenTypeフォントの特徴を紹介されました。その中でOpenTypeフォントのメリットとして、文字数の拡張、ユニコードベース、クロスプラットフォーム、ダイナミックダウンロードを挙げられました。また、注意すべきこととして、フォントのバージョンをチェックすること。アウトライン化をすると修正ができない、低解像度プリンタでは文字が太ってしまうことなどから、アウトライン化はやめるべきとのことでした。注意するフォントとして.dfont、Nフォント、IVSフォントなどを挙げられ、詳しく書かれているサイトとして「DTP Transit」「ちくちく日記」を紹介されました。
最後に、文字詰めDEMOとして、さまざまな文字詰めをIllustratorとInDesignの違いを紹介しながら披露されました。

レポート:大島綾華(大寶製版株式会社

プチセッション:

今回は5名の方からご発表いただきました。

スピーカー:足立隆明氏アイ・ディー・エー株式会社
「InDesignでラクに多言語化」として、翻訳者支援ソフト「TRADOS」を利用した効率的な作業を紹介されました。InDesignドキュメントからIDMLに書き出し、TRADOSに読み込むことにより翻訳支援が出来、外国語の組版作業がこれまでより効率よく出来るようです。そのIDMLを再度InDesignで読み込むことによりコピーペーストでは起こりがちな人為的ミスを軽減するとともに、メモリ化することで再利用が出来ます。

スピーカー:菊池謙氏浜島書店
「Image Magick コマンドラインで画像ファイル操作」として、複数(大量)の画像処理を効率良く、出来るだけ自動化出来るChipsを紹介されました。Windowsではコマンドプロンプト(Macではターミナル)を使用することによりPhotoShopのアクションを使用するよりも高速に、またOS標準のバッチ処理を利用したりカスタマイズすることが可能です。
・画像形式の変換 ・リサイズ ・回転 ・合成 ・フィルター etc
菊池さんの自作による比較明比較暗合成ソフト「kikuchimagick」も紹介されました。

スピーカー:松下寛子氏ホコホコ
「『紙加工のDIY』手作りのススメ」として、楽しみながらひと工夫することで付加価値をつける手法を紹介されました。
使用する道具
・穴あけポンチ(ハトメ&カシメ) ・サークルカッター(コンパスカッター)
・コーナーカッター(角丸加工) ・糸かがり綴じ ・目打ち ・針
・低価格で出来るカッティングマシン CAMEO ¥25,000位 
 →紙(印刷物)をイラレのパスで自由な形に切り抜き加工できる
  dxfファイルは専用ソフトのシルエットスタジオを使用

スピーカー:山川芳範氏
「カラまね」として、カラーマネージメント(シミュレーション)ソフト、「カラまね」を紹介されました。Windowsのみ対応、色の苦手意識をサポートするユニバーサルデザインの観点から「視覚障害」に対応したプレビュー機能も搭載しています。

スピーカー:川原正隆氏株式会社ニューキャスト
「末端の制作者を印刷事故からどう守るか」として、クライアント→営業→デザイナー(オペレーター)の立場と責任の所在について理想と現実を笑いを交えて紹介されました。また、3月下旬にリリース予定の新商品校正支援ツール・PDF差分チェック「dproofs」を紹介されました。
※自社の求人(スタッフ募集)もされました。

スピーカー:大倉壽子氏アドビ システムズ
Adobe Creative Cloud のPRをされました。
・導入のメリット
・個人版とグループ版との違い
・期間限定の割引特典
・今後のアップデートと下位バージョン対応について etc

レポート:中嶋正博(大寶製版株式会社

Session 2:クリエイター必見!トラブルを防ぐ最新のPDFワークフロー
〜Acrobat Proをとことん使い倒そう〜

スピーカー:大倉壽子氏

Session2では、アドビ システムズで全製品を網羅してセミナーを担当されているスペシャリスト大倉壽子さんによる、PDF活用法についてのお話をいただきました。大倉さんはとても春らしい桃色のお着物をお召しで、セミナーのため全国を飛び回るご自身を「晴れ女」と紹介され、勉強会当日も例に漏れず名古屋は晴天、全国どこへ行っても「だいたい晴れる」そうです。
基礎知識として、最初にPDFの種類による使い分けと・アクロバットのカスタマイズについてお話しされました。次に、印刷におけるPDFワークフローの活用ということで、EPSのワークフローからPDFのワークフローへ移行することのメリット・デメリット等について解説され、脱EPSを強く提唱されました。しかしPDFは万能ではないので、制作現場が自分のデータに「責任」と「自信」を持つこと、そして印刷会社は自社のワークフローについての正しい情報を公開すると共に、双方のコミュニケーションを密にすることが、印刷事故を防ぐために必要であると仰っていました。
ここからが本題のPDF活用法ということで、まずPDFの校正(レビュー)を効果的に使う方法を幾つかご紹介されました。修正指示を出したり、プレゼン資料の作成などにはとても便利に活用できます。校正作業をプリントアウトした紙のワークフローから、PDFワークフローへ移行することで、コミュニケーションが正確に素早くできるなどの利点が多くあるので、コスト削減・時短にも役に立てて欲しいとのことでした。更にAcrobatの出力プレビューやプリフライトの活用により、制作・印刷の双方でチェックすることによて、印刷事故や予期せぬ結果を防ぐこともお勧めされました。
この他にも便利なPDFの活用法について、大倉さん自身ももっとお話をされたいという雰囲気の中お話を終えられました。

レポート:市場都萌(大寶製版株式会社


懇親会会場

第27回勉強会後の懇親会会場が決定しましたのでお知らせいたします。

場所:つくね屋本舗 名駅店
   名古屋市中村区名駅4-4-38 B1F(ウインクあいち 地下1階)
   名古屋駅徒歩5分
   TEL 052-551-0390
時間:午後7時00分〜
料金:4,500円

よろしくお願い致します。


第27回勉強会のお知らせ

第27回勉強会の開催が決定しましたのでお知らせいたします。セミナー(および懇親会)参加希望者の方は、「勉強会お申し込み」ボタンからお申し込みください。

なお、セミナー終了後にその場で交流会を開催させていただきます。日頃、同業他社の方と話をする機会が少ない方も、ぜひ交流を図って情報交換等をしていただければと思います。

■勉強会
日 時:2013年3月2日(土)14時00分〜18時45分
    【セミナーは14時〜18時、交流会は18時〜18時45分を予定しています】
    (13時30分より受付開始)
会 場:ウインクあいち 小ホール
    〒450-0002 名古屋市中村区名駅4丁目4-38
    JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
    ユニモール地下街 5番出口 徒歩2分
定 員:150名
受講料:2,000円(希望者には領収書を発行できます)

■内容(予定)
Session 1:これだけは覚えておきたいフォントの話
日頃、仕事で使用しているさまざまなフォント。普段は何気なくフォントを選択しているかもしれませんが、分類の仕方によってさまざまな呼び名が存在します。そもそもフォントがどういったものなのかを理解し、形式に応じたフォントの特徴を把握しておく必要があります。今回のセミナーでは、制作者として覚えておきたいフォントのあれこれについて解説します。
さらに、フォントに関するトラブルや注意点、押さえておくべきポイントをはじめ、フォントの管理や文字のツメについても解説する予定です。


スピーカー:YUJI(InDesignの勉強部屋
名古屋で活動するフリーランスのデザイナー。Webサイト「InDesignの勉強部屋」や、名古屋で活動するDTP関連の方を対象にスキルアップや交流を目的とした勉強会・懇親会を行う「DTPの勉強部屋」を主催。




Session 2:クリエイター必見! トラブルを防ぐ最新のPDFワークフロー
〜Acrobat Proをとことん使い倒そう〜

PDFって一言にいっても、使い方は様々。ちょっと知ってる人なら「PDFで入稿するのが楽だよ」なんて気楽に言うけれど、実際にはなんちゃってなデータもたくさんあります。
外から見ただけだと、印刷に適しているのか、よくわからない。
それがトラブルの原因になることもしばしばなんです。
ただ、ポイントをいくつか押さえておくだけで、データの入稿は、驚くほど楽になります。
「印刷会社が受け付けてくれない」、「デザイナーのデータに不安がある」。
双方の立場や意見はありますが、ちょっとしたコミュニケーション一つで解決することもありますよ。
入稿形態のPDFはもとより、校正作業、公開するための設定、脱EPSといった数多くの重要なポイント。
デザイナー側、印刷会社側それぞれに解説します。
今の制作環境に適した運用方法を知って、印刷トラブルを防ぎましょう。
また、PDFは今や多くの企業、官公庁で標準的に使われるフォーマットです。
だからこそ、つい見落とされがちなPDFのセキュリティーや、Acrobatは「実は便利!」という裏技を時間の許す限りご紹介します。


スピーカー:大倉 壽子 氏
司会、デザイナー、セミナー講師、「結城 しおり」の名で舞台女優とマルチに活躍。
現在、アドビ システムズで、全製品を網羅しているスペシャリスト。
PhotoshopやIllustrator、InDesignを始め、全国各地で年間300回ほど、アドビ製品を最新バージョンから、裏技まで常にユーザー目線で紹介。そのセミナーのテクニックは、様々なデザイナーのヒントになっており、非常にわかりやすいセミナーだと、定評有り。脱EPS推進委員長。
Twitter: http://twitter.com/hisara_
Facebook: http://www.facebook.com/hisara0913



■タイムテーブル(予定です)
14:00〜14:05 ごあいさつ
14:05〜15:25 Session 1:これだけは覚えておきたいフォントの話
15:25〜15:40 休憩
15:40〜16:15 プチセッション
16:15〜16:30 休憩
16:30〜17:50 Session 2:クリエイター必見!トラブルを防ぐ最新のPDFワークフロー
        〜Acrobat Proをとことん使い倒そう〜
17:50〜18:00 ごあいさつ
18:00〜18:45 交流会

■懇親会(交流会の後、席を変えての飲み会となりますので、希望者のみ申し込んでください)
時間:19時00分頃〜
場所はセミナー会場近くの居酒屋を予定しています。料金は実費です。
詳細が決まりましたら、後程お知らせいたします。

■お願い
※勉強会が近づきましたら、参加者には受講票をメールさせていただきます。
 セミナー当日はプリントして受付にご提示ください。
※当日はネームタッグをご用意いたしますので、名刺を1枚お持ちください。
※USTREAMでの中継や動画撮影は禁止とさせていただいております。
※キータイプの音が気になる方もいらっしゃいます。
 セミナー会場でパソコンを使用する際には、回りの迷惑にならない範囲でご使用ください。

※セミナーは先着順にて受付し、定員に達し次第受付を締め切ります。
※重複してお申し込みはできません。
※部屋の温度調整は行いますが、座る場所によっては寒いといったケースがあるかもしれません。ひざ掛けやカーディガン等をお持ちいただくと良いかもしれません。
※申し込みのキャンセルや申し込み内容の変更、ご質問等がありましたら、「お問い合わせ」ボタンからご連絡下さい(その際には登録番号をお知らせください)。